fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

龍野高校の対応を検証する(その17)

[ 2023/12/21 10:43 ]
 「全国学校事故・事件を語る会」の代表世話人、内海千春氏は
2023年12月15日付毎日新聞兵庫版で
「学校事故・事件の被害者や家族が求めるのは責任追及ではなく謝罪」
だと述べています。
https://mainichi.jp/articles/20231214/k00/00m/040/162000c

 内海氏の発言は、名古屋市立向陽高柔道部で発生した事故で、
1年生だった次男を亡くした倉田久子さんが証言しているように、
「事故が起きた当日、校長(当時)が『学校で起こったことは、
すべて学校の責任です』と述べ、謝罪した」
うえで、名古屋市教育委員会も校長の姿勢を支持。
 その結果、両者は今日に至るまで良好な関係を維持していること。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-entry-513.html

 さいたま市教委が、同市立日進小6年生女子(同)が長距離走の
練習中に亡くなった事故について精緻に調査し、その反省点を
「ASUKAモデル」として公表し、再発防止に努めていることで、
遺族とはいまも良好な関係にあることが裏打ちしています。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-category-16-2.html

 また同日付東京新聞「筆洗」は、宮城県知事だった浅野史郎氏が
行政のあるべき姿として
「逃げない、隠さない、ごまかさない」
を打ち出したことを紹介しています。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/296118?rct=hissen

 これらはすべて、「やればできる」ことを証明しています。
 しかし、石原元秀氏以下歴代の龍野高校長と兵庫県教委は
「逃げる、隠す、ごまかすに終始している」
と、同高女子テニス部の練習中に発生した熱中症事故から
16年経った今日においてもあらためて指摘せざるを得ない、
という事実には、暗澹たる思いがします。

 龍野高校長と兵庫県教委にとっては、
「大阪高裁判決を不服として上告したが、最高裁に棄却され
同高裁判決は確定した。
 これにしたがって賠償もした。だから事故はすでに終結した」
という受け止めかもしれません。

 しかし説明も謝罪もないままで、高校2年生だった梨沙さんが、
いまも重篤な後遺障害に苦しんでいること。
 愛娘が未来を奪われたという悲しみと衝撃に加え、
石原氏の悪意に満ちた虚言による風評被害に苦しめられた両親は、
きょうも介護生活を続けている、という事実に変化はありません。
 けっして「終わった話」などではない、ということを
あらためて強調しておきます。
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ