fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

龍野高校の対応を検証する(その7)

[ 2020/07/16 09:01 ]
 2020年6月19日付朝日新聞愛知版は、

 浜松市の浜名湖へ校外学習に来た愛知県豊橋市立章南中1年の
西野花菜さん(当時12)が亡くなったボート転覆事故から18日で
10年を迎えた。豊橋市内の全小中学校で追悼行事があり、
章南中では父親の友章さんが教職員に向けて講演した。
友章さんは、子どもたちの命を守るために事故を教訓にしてほしい
と強く訴えた。
 豊橋市は命日を「学校いのちの日」と定め、今年も小中学生が
花菜さんの冥福を祈り、命の尊さを見つめ直した。
 章南中では、友章さんが教職員23人に「事例から学ぶ学校事故の
予防について」をテーマに話した。市の若手教員研修では2年前から
講師を務めているが、花菜さんが通った同校で話すのは初めて。
「教訓をつないでほしい」と学校側が要望して実現した。
(中略)
 同校では友章さん夫妻が寄贈した本を「花菜文庫」として活用しており、
現在では541冊になる。宮林秀和校長は「生徒の命を守るのは、
第一に教員であることを忘れてはならない。10年を節目と考えず、
事故のことを引き継いでいく」と話した。

と伝えました。

 一方、20年7月6日付神戸新聞夕刊は、

 兵庫県立神戸高塚高校(神戸市西区)で、遅刻指導中の教師が閉めた
校門に1年生の女子生徒=当時(15)=が挟まれ死亡した事件は6日、
発生から30年となった。校門前では市民団体が追悼集会を開き、
約20人が黙とう。同校内でも校長が教職員に訓示した。
 市民団体「生命の管理はもうやめて!」が実施。校門前にカーネーションを
並べて、生徒たちの登校を見送った後、発生時刻の午前8時半に黙とうした。
 その後、参加者が30年間の思いを語った。女子生徒の1学年上だった
卒業生の女性は、「私は家族を持ったが、女子生徒の時間は止まったまま。
当時、校長が語った『あと10分早ければ、事故は起きなかった』という
言葉への違和感は消えない」と語った。
 同校の職員会議でも教員ら約40人が黙とう。仲山恵博校長が
「二度とあってはならない事故。目の前の生徒一人一人を大切にしてほしい」
と述べた。
(後略)

 いずれも学校管理下で発生した事故によって、在校生が亡くなったという
事案です。
 豊橋市は、事故の記憶を風化させまいと被害生徒の保護者に協力を要請し、
具体的なアクションを起こしています。
 これは学校事故における、さいたま市や名古屋市の事後対応に通ずるものです。

 一方、神戸高塚高の追悼集会は市民団体が主催し、しかも同高は校内への
立ち入りを認めていません。
 すなわち兵庫県は主体的に関与しておらず、あたかも
「迷惑行為を黙認している」かのような対応です。
 校長が職員会議で訓示しましたが、実効性ある再発防止策を策定し
運用するために、具体的になにをどうするのか?という視点が感じられません。

 これは龍野高において、リサさんが巻き込まれた事故を反省し、
教訓を得ようという動きがみられないことと通底するものであることは、
残念ながら認めざるを得ません。
 兵庫県民の皆さん、この状況をどのように思われますか?
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ