fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

全国学校事故・事件を語る会、文科省に申し入れ

[ 2019/12/18 10:17 ]
 「全国学校事故・事件を語る会」の代表世話人、内海千春氏と宮脇勝哉氏は
2019年12月12日、文部科学省を訪問し、萩生田光一文科相にあてた
要望書を提出しました。
https://katarukai.jimdo.com/

 文科省は16年3月、「学校事故対応に関する指針」を発表していますが、
担当者は
「十数件の報告書に目を通しているが、出来不出来にばらつきがある。
これは文科省がひな形を提示しておらず、現場任せになっていることも
要因であり、事実がつまびらかになっていないことも否めない」
との現状認識を示しました。
https://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/anzen/1419593.htm

 これに対して内海氏は
「この状況で被害者や遺族の理解を得ることは困難」
とし、いじめ問題などでは事後対応の一環として加害生徒らに対する
指導も欠かせない、との認識を明らかにしたうえで、
「本来は学校が教育目的に沿って調査して事実関係を解明し、
説明責任を果たすべきなのに、調査委員会を設置して丸投げすることが
常態化し、教員の当事者意識が希薄化している。
 責任の所在を明確化することや補償問題は二の次であり、
行政が担当することだ。
 学校にできることは教育だけだし、学校は信頼されなければならない。
 そのためには事後対応を可視化することだ」
と述べました。

 宮脇氏は
「教育の目的は人格の完成なのに、人格を確立する前に命を奪われ、
重篤な後遺障害やPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ
というようなことは、あってはならないこと。
 教員や教育行政に携わる関係者は、大いに反省しなければならない」
と述べ、不幸にして発生してしまった過去の事案を教訓として活かすよう、
あらためて要望しました。
 「指針では基本調査を3日間程度で行うとしているが、基本調査は
最も大事なことであり、3日では足りない。
 被害者・遺族と情報を共有して対話を進めるためのベースとする
ためにも、1週間は必要だ」
との見解を明らかにしました。
 そのうえで、被害者・遺族の救済という観点から、彼らが自らの体験を
日本体育大学スポーツ危機管理研究所が主催している研修会など、
全国各地の大学で教職課程を履修している学生たちに講義している例や、
教員や行政を対象に講演している例を挙げ、
「当事者が『自ら動いた』という実感を持つことも、救済につながる」
として、文科省にも協力を要請するとともに
「幼・小・中・高だけでなく、保育所・専門学校・専修学校・大学・大学院
などでも同様の事故・事件が発生していることを理解してほしい」
と要望しました。
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ