fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

「第三者委は解散すべき」と自ら市教委に提言

[ 2019/07/08 11:22 ]
 2019年7月4日付毎日新聞は

 山梨県北杜市で自殺を図った当時中学1年の女子生徒がいじめを訴えた
にもかかわらず学校側が「重大事態」と判断しなかった問題で、市教委が
設置した第三者委員会(委員長=八巻佐知子弁護士)は3日、
「第三者委を解散し、被害者推薦の委員を入れ、再度立ち上げるべきだ」
とする意見書を市教委に提出した。
 生徒側は第三者委のメンバーに自らが推薦する委員を入れることなどを
要望していた。これに対し意見書は「(市教委が生徒側の)要望を詳細に
聞き取り、対応を検討した事実はない」と指摘。
その上で「解散すべきだとする被害者側の要望に応じるべきだと判断した」
としている。
 市教委の担当者は「内容を精査し、教育委員会を開催し対応を検討する」
と話した。
 生徒は17年11月に自殺を図りその翌月に文書でいじめ被害を訴えた。
市教委は昨年7月に第三者委を設置していたが、委員選定を巡って被害者側
と折り合わず、本格的な調査は始まっていない。

と伝えました。

 これは19年6月2日、「全国学校事故事件・語る会」が主催した
シンポジウムで、同級生らからのいじめを苦に自死した奈良県橿原市立中
1年生(当時)女子の母親
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201509-6.html
が発表した事案と酷似するものです。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201906.html

 橿原市の母親は
「大人の都合で強引に事後対応を進めるのではなく、亡くなった生徒さんを
真ん中に置いて、丁寧に調査しようとする気持ちがあれば、このような事態は
起こらない。
 まだこのような事後対応が横行していることが、ただただ悲しく残念です」
とコメントしています。
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ