fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

北海道の指導死事案、遺族が一審判決を不服として控訴

[ 2019/05/11 17:43 ]
 2019年5月10日付北海道新聞は、

 13年に札幌市の道立高校1年の男子生徒=当時(16)=が自殺したのは、
所属する吹奏楽部のトラブルで当時の男性顧問教諭から叱責されたのが
原因として、生徒の母親が道に損害賠償を求めた訴訟で、母親は9日、
自殺に対する元顧問の責任を否定した一審札幌地裁判決を不服とし
札幌高裁に控訴した。
 4月25日の一審判決によると、13年1月に生徒と他の部員がメールの
やりとりでトラブルになった際、元顧問は生徒だけを叱責した。同3月にも
別の部員に対する生徒の発言をとがめ「部員に一切メールをしないこと」
などを部に残る条件として要求。生徒は翌日に自殺した。
 一審判決は、生徒のメールや発言の内容から「指導の必要があり、方法も
違法ではない」と判断。自殺との因果関係も認めず「元顧問に法的責任はない」
とした。
 一方で高校が自殺の原因を調べた在校生アンケートを保管期限前に廃棄した
ことについて「遺族に苦痛を与えた」と認定し、高校を設置する道に110万円
の賠償を命じた。
 母親は取材に対し「元顧問の言動を正当化する判決は受け入れられない。
指導の範囲を超えた違法な行為だとあらためて訴えたい」と述べた。

と報じました。

 文部科学省が13年5月に発表した「運動部活動の指導のガイドライン」は
「指導者が試合や練習中に激励等として厳しい言葉や内容を生徒に発する
こともあり得ますが、競技、練習継続の意欲を失わせるようなものは不適当、
不適切です。
 生徒の心理についての科学的な知見、言葉の効果と影響を十分に理解し、
厳しい言葉 等を発した後には生徒へのフォローアップについても留意する
ことが望まれます」
と明記しています。

 もちろんこれは運動部のみに限定されるものではなく、文化部にも
適用されてしかるべきです。

 札幌地裁判決(高木勝己裁判長)は、13年1月に自死した生徒と他の部員が
メールのやりとりでトラブルになった際、顧問が当該生徒のみを叱責し、
全部員の前で謝罪させたこと。
 同年3月に当該生徒が行った別の部員に関する発言について、
「おれなら黙っていない。おまえの家に怒鳴り込み、名誉棄損で訴える」
と述べたことを事実認定しています。
 これが「適切な指導」であり、「違法性がない」というのであれば、
学校は無法地帯で子どもたちの人権は保障されない、ということになります。
 札幌地裁の人権意識には大いに疑問がある、といわざるを得ません。

 母親は
「生徒に対する指導ならどんなことでも許されるというわけではない」
と訴えています。
 この声に応えて、暴力が許されないのと同様、指導の名を借りた暴言も
決して許されないのだということを、札幌高裁が明確に認めることを期待します。
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ