fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

全国学校事故・事件を語る会、文科省に要望書を提出

[ 2018/12/09 08:49 ]
 2018年12月7日、「全国学校事故・事件を語る会」の代表世話人、
内海千春氏と宮脇勝哉氏は文部科学省を訪問し、柴山昌彦文科相宛に、
「被害者救済の観点に立った学校事故・事件の事後対応の充実について(要望)」
を提出しました。
 要望書の全文は、同会ホームページをご参照ください。
https://katarukai.jimdo.com/

 両氏と約1時間にわたって面談した、安彦広斉・総合教育政策局
安全教育推進室長は、冒頭
「(16年3月に同省が公表した『学校事故対応に関する指針』などの)
指針は指針として、どう対応していくか、どう施策に生かせるか、
検討していきたい」
と述べ、同会からの要望を教育現場に反映していく意向を示しました。

 宮脇氏は、学校事故・事件の事後対応について
「被害者がほったらかしにされている」
との現状認識を示したうえで
「たとえばインフルエンザが流行すれば、1週間程度学年閉鎖する。
 生徒が死亡し、あるいは重篤な後遺障害が残るような事故・事件が
発生したら、同様に授業を休んで生徒や教員に事情聴取して結果を
とりまとめ、被害者と家族に対して説明責任を果たすのはあたりまえ」
と述べました。

 内海氏は
「昨年も同様の申し入れをしたが、教育現場には周知徹底されていない」
とし、全国各地で設置されている調査委員会についても
「被害者や家族の心情を理解することで信頼関係は構築されるのではない。
問いに対して答えること、情報を開示することでしか信頼関係は担保されない」
と指摘しました。
 また
「生徒が自死したら、教員は『えーっ!』と驚くのではなく、『あっ』と呟く。
これはなにか思い当たる節があるからだ。
 にもかかわらず学校は事態の沈静化をもくろみ、賠償や処分といった
問題を回避することが至上命令となり、そのために事実を隠蔽する。
 事実解明は対話による解決を実現するために、学校と被害者・家族との
間に信頼関係を醸成するための手段だ」
と述べたうえで、
「教員は日常起きている様々な事案を捉えて生徒らを指導している。
 しかし重大事案が発生したら『なかったこと』にしてしまおうとする。
 だから、いじめ自殺事件が発生しても加害生徒らを指導せず、
反省も促さない。
 これでは日常の指導との整合性がとれないし、いつまでも同じことが
繰り返される」
と強調しました。
 これは部活動や生徒指導において、教員が生徒らに暴行を加え
暴言を吐いたとしても、周囲の教員たちが見て見ぬふりをしていることと
同じ構図です。
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ