fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

一般社団法人「ここから未来」、シンポジウムを開催(その2)

[ 2018/08/06 10:55 ]
 同法人の武田さち子理事は、複数の自治体で調査委員を務めた経験を踏まえ
「川崎市の報告書は真矢くんに焦点を当てたもので、彼の姿が見えてくる。
 他の自治体で委員を務めたときは、私自身は加害生徒らがなぜいじめを
しなければならなかったのか、周囲はなぜそれを止められなかったのかに、
強い関心をもって調査をしたが、残念ながら報告書に十分反映することが
叶わなかった。被害生徒の像も十分浮かび上がってくるものではなかった」
と指摘しています。

 渡邉氏は当時を振り返って
「教育長以下、職員間で『主語は誰?』と繰り返し問うていた。事実を
隠蔽することは行政が主語になることで、不誠実極まりない。
 『なんのための調査なのか?』という目的を委員全員が自覚して、
共有することが分かれ目ではないか。
 調査委については、いわゆる『中立論』もあるが、現実に被害生徒と家族が
存在する以上、被害生徒と家族に対するケアが優先されなければいけない」
と述べました。

 また真矢くんが、「いじられキャラ」とされていたことについて
「いったんレッテルを貼られると雰囲気がクラスに蔓延して支配的になる。
多数決をとると正義になってしまう。この結果、他人の尊厳を傷つけることに
鈍感になっていく。
 『誰が言ったか』ではなく、『なにを言ったか』に視点を変換させることが
教育の使命であり、通訳するのが教師の責務だ」
と警鐘を鳴らしました。

 そのうえで渡邉氏は
「人は忘れるものだが、戒めを忘れてはいけない。記憶を風化させないため
には語り継ぐしかない。シンポジウムでの講演を依頼されて、現在勤務している
川崎市立小の校長に相談したところ、『それはあなたの使命だ』と言われた」
ことを明らかにし、市教委のみならず教育現場にも意識が浸透していることを
うかがわせました。

 川崎市の対応は特筆すべきものとして注目されているのが現状ですが、
篠原真紀さんは
「これがスタンダードになるべき」
と主張しています。
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ