FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

全国学校事故・事件を語る会、シンポジウムを開催(その4)

[ 2018/06/11 09:09 ]
 シンポジウムでは、参加者も活発に意見を交換しました。
 小佐井良太・愛媛大教授は、愛媛県西条市の聖マリア幼稚園の
お泊まり保育中に発生した園児水死事故の調査委員を務めた経験に基づき
「被害者救済の視点に立って事故発生に至った問題点を指摘し、提言する
ことが周囲や地域に働きかける効果がある。
 調査委は裁判所の代わりではない。位置づけが違うと明確にすべきだ」
と述べました。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201508-1.html

 横山巌弁護士(大阪弁護士会)も、
「原因究明は調査委の使命ではない。なんらかの事実があって事件・事故に
影響を与えたとすれば、問題を指摘し提言するのが調査委の役割ではないか」
との見解を表明しました。

 教員志望の大学生に対する働きかけとしては、日本体育大が研修会を
実施して被害者家族の声を聞く取り組みを続けていますが、大阪大・高知大
などでも教職課程の授業に「全国柔道事故被害者の会」の村川弘美さん、
「『指導死』親の会」の安達和美さん・山田優美子さんらが、ゲストスピーカー
として招かれています。
 山田さんは
「遺族を教材として利用してほしい。しかし当事者の訴えは感情論として
斥けられてしまう恐れがあるので、大学教員には学生たちに通訳する
役割を担ってほしい」
と要望しました。
 これについて、小野田正利・大阪大教授は
「学生たちは、学校事故・事件を『別世界のできごと』と捉えてしまいがちだ。
ブラック部活の問題を取り上げてからゲストスピーカーに来てもらう、といった
環境醸成をして、我がこととして受け止めるような仕掛けが必要だ」
と指摘しました。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック