FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

神戸市教委と兵庫県教委の無責任体質について

[ 2018/05/20 13:42 ]
 2018年4月28日付神戸新聞は

 神戸市垂水区で16年10月、市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が
自殺した問題で、「破棄された」とされていた他の生徒への教員の聞き取り
メモが見つかったことを受け、市議会文教こども委員会が27日、開かれた。
長田淳教育長は「不誠実な取り扱いで、ご遺族の気持ちに寄り添った対応では
なかった」と陳謝し、「教育委員会の組織風土を変えていかないといけない」
と述べた。
 この問題を巡っては、市教委が設置した第三者委員会が昨年8月、容姿
中傷発言などをいじめと認定する調査報告書をまとめたが、遺族が
「内容が不十分」として再調査を申し入れている。さらに、自殺直後に教員が
他の生徒6人に聞き取ったメモについて、第三者委の報告書が「破棄された」
としたことに学校側が「保管している」と報告しながらも市教委が放置していた。
久元喜造市長は26日、新たに調査委員会を設置し、再調査する方針を発表した。
 文教こども委員会では、大谷真一学校教育部長がメモの確認を怠った点に
ついて「生徒に聞き取った内容が報告書に反映されているかどうかの確認だけ
で済ませてしまった。さまざまな事案の対応で忙殺されていた」とし、謝罪した。
 今後、再調査を担当する市こども家庭局は「委員選任には遺族の意見を聞き、
スタートから信頼を得られる形にしたい」と答弁。市教委の後藤徹也教育次長は、
再調査の決定を受け、「一連の市教委の対応がご遺族に寄り添ったものであった
のかを厳しく見つめ直し、組織の自浄を進めたい」と述べた。

と伝えました。

 神戸市教委の無責任体質は改まっていません。
 長田教育長の「教育委員会の組織風土を変えていかないといけない」
という言葉がその場しのぎの釈明であったならば、市民からの信頼は
完全に失われることを指摘しておきます。

 もちろん、龍野高女子テニス部の練習中に発生した事故の被害者である
リサさんと保護者に対する石原元秀氏・清重安男氏らの「不誠実な取り扱い」
も、断じて看過できるものではありません。
 そして、「組織風土を変えていかないといけない」のは、龍野高にも
兵庫県教委にも共通する課題であることは論を俟ちません。
 あえて言えば。
 神戸市教委が不十分ながらも調査を実施したことを勘案すれば。
 「事故に関する調査は必要ない」と言い切った、兵庫県教委よりはまだまし、
かもしれません。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201802-1.html

 09年度、清重安男・龍野高校長はリサさんの保護者に対して復学手続きを
するよう求め、授業料および学年費・修学旅行費などを徴収しながら
通学は認めなかった、という事実があります。
 約束が守られなかったことから、保護者が納入済み諸費用の返還を求めた
にもかかわらず清重氏はこれを無視し、そのうえ「返還済み」と記載した
虚偽公文書を作成し配布した、という重大な問題があります。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201103.html

 清重氏から保護者に対する説明も謝罪もなく、保護者から面談を求めても
「会いたくない」の一点張りで、諸費用も返還されないまま今日に至っています。
 そして兵庫県教委は清重氏を指導することもなく、事実を承知しているにも
かかわらず、見て見ぬふりを続けています。
 リサさんの保護者は、「清重氏に対する刑事告訴も視野に入れている」
とのことです。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック