FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

岐阜県立高で暴行事件、関係者は見て見ぬふり

[ 2018/04/20 06:58 ]
 2018年4月17日付中日新聞は

 岐阜県立益田清風高校(下呂市)の女子ハンドボール部で14年、コーチを
務めていた非常勤講師の60代の男性が部員3人を蹴る体罰を加えていた
ことが、県教委への取材で分かった。男性が発覚直後に退職したため
県教委は処分せず、事実関係も公表しなかった。
 県教委によると、男性は14年5月、練習中に体罰を加えたのを他の教職員に
目撃された。うち1人は太ももにけがをしたという。男性は教員として女子ハンド部
の顧問を務め、12年に定年退職後、非常勤講師として指導を続けていた。
 発覚後、学校は部員の保護者向けに説明会を開き、男性は14年5月末に
依願退職した。だが、県教委には退職後も校外の練習場で指導を続け、体罰を
行ったとの情報が寄せられており、「事実関係を調べた上で対処をしたい」
としている。
 益田清風高は05年に2つの県立高が統合して設立。男性は統合前の高校
でも女子ハンド部を指導し、00年の全国高校総体で8強入りに導いた。

と報じ、同日付読売新聞は、

 同高関係者によると、元コーチの男性は14年、体罰が発覚して非常勤講師を
退職した際、学校側から指導を禁止されたが、それを無視して学校外の練習場で
行われる部活動に参加していたという。
 体罰を目撃した別の同校関係者は「体罰はずっと当たり前のように行われて
きたが、(元コーチは)実績もあり、怖くて誰も何も言えなかった」と打ち明けた。
 一部の教諭が男性の退職後の行動に疑問を呈することもあったというが、学校側は
「(教諭や講師でなく)知らないおじさんが勝手に来ているのだから問題がない」
と黙認していたという。

と伝えています。

 益田清風高は14年5月時点で、元コーチに対して指導を禁止していたのですから、
学校管理下で行われる部活動の練習場に「知らないおじさん」が校長の許可を
得ずに入り込むことは、当然のことながら許されません。
 教職員がこの旨を本人に通告して退出を求め、指示に従わなかった場合は
110番通報してしかるべきですが、これを怠りました。
 そのうえ、「知らないおじさん」が生徒たちに暴行を加えていたことを把握していた
にもかかわらず、「問題がないと黙認していた」という無為無策無責任には、
まさに言葉を失います。

 これに対して「全国柔道事故被害者の会」は、ツイッターで
「勝ってさえいれば、生徒たちが暴力に曝され続けていても目をつぶった
学校、校長、教師たち」と、同高の対応を強く批判するとともに、
「一般人を指導者におく場合は、契約書にキッチリと処罰事項を盛り込んだ上で、
契約を取り交わす必要があろう」
と提言しています。
http://judojiko.net/

 大分県立竹田高剣道部事件で死亡した工藤剣太さんの母・奈美さんは
「このケースは傷害罪にあたると思われます。従って学校側は傷害罪を隠蔽し、
容認し続けたということになるでしょう。
 学校内であれば、これだけの犯罪行為すら指導の一環として黙認され、
何の罪にも問われない。これは社会全体の問題です。
 生徒たちの命と人権を守るべき学校で、このような事件が起きていることに
警鐘を鳴らし続けなければならない、と改めて感じました」
とコメントしています。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201803.html

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック