FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

竹田高剣道部事件、両親が最高検に不服申し立て

[ 2018/03/16 20:06 ]
 2018年3月15日、大分県立竹田高剣道部事件で死亡した工藤剣太さんの
両親が最高検察庁を訪れ、不服申し立てを提出しました。
 これは福岡高検が不服申し立てを却下したことを受けて、同部顧問だった
坂本忠文・元教諭を立件すべく、再捜査するよう求めたものです。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201802.html

 両親は福岡高検が、剣太さんが緊急搬送された豊後大野市民病院の処置に
問題があったことを、申し立てを却下した理由のひとつとして挙げていることに言及し
「病院での処置も、もちろん問題はありました。それは一審判決でも、その過失は
認められています。
 しかし、ここまでの状態にしたのは元顧問であり、その場でただ一人助けられる
大人がいたのに見殺しにした元副顧問・和田(浩史郎教諭)です」
「暴行を加え瀕死の息子を救命することも遅らせ死に至らしめたのは教員です。
 どうして、こんな酷い教員を野放しにしているのかわかりません」
と訴えています。

 父親の英士さんは
「学校事故については、必ずしも積極的な捜査が行われていないように思う。
 剣太は帰ってこないが、これからの子どもたちの命がかかっているので、
しっかり捜査してほしい」
とし、母親の奈美さんは
「最高検が別室を用意していて、担当官がわたしたちの話を聞いてくれたことは
うれしかった。適時に適切な処置をしていたら、剣太の死は絶対に防げたものだ
と思っている」
と述べました。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック