FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

竹田高剣道部事件、福岡高検は不服申し立てを却下

[ 2018/02/22 18:41 ]
 2018年2月20日、NHK大分放送局は

 09年8月、大分県立竹田高剣道部の練習中に2年生だった工藤剣太さんが
熱中症で倒れて亡くなった事故で、剣太さんの両親が福岡高検に不服を
申し立てていましたが、申し立ては認められませんでした。
 当時の顧問と副顧問の2人の教諭が業務上過失致死の疑いで書類送検
されましたが、大分地検は12年、2人を不起訴処分としました。その後、
大分検察審査会が「不起訴不当」とする議決をしましたが、大分地検は14年に
再度、不起訴と判断しました。
 これに対し両親は17年5月、福岡高検に不服申し立てを行っていましたが、
18年2月16日付で「申し立ては認められない」と判断したということです。
 20日、福岡高検を訪れ今回の判断が伝えられた工藤剣太さんの両親は、
来月にも最高検察庁に不服を申し立てるということです。
 母親の工藤奈美さんは
「これから先、学校で傷つく子どもたちが減るように大切な命を守っていくために、
来年の時効まで、あきらめずに声をあげ続けていきたい」
と話していました。

と報じました。

 「工藤剣太さんが剣道の部活動中に熱中症で倒れて亡くなった」
のは、顧問教諭だった坂本忠文氏が猛暑の中、休憩も給水もさせずに
過剰な負荷をかけた練習を強要し、意識混濁など明らかに熱中症と
推定できる状況だったにもかかわらず
「これは熱中症じゃない。演技だ」
と誤った判断をし、剣太さんに対して殴る蹴るの暴行を繰り返したことが
原因です。
 そして副顧問教諭だった和田浩史郎氏が現場にいて、坂本元教諭の
剣太さんに対する暴行の一部始終を目撃していたにもかかわらず、
坂本元教諭を制止しなかった責任も問われてしかるべきです。

 顧問教諭と副顧問教諭が、学校管理下で行われる部活動の練習中に
当然負うべき注意義務と安全配慮義務を十分に果たしていたにもかかわらず、
まさに不可抗力としか言いようのない事故が発生した、というわけではありません。
 暴力を指導の一環として正当化していた坂本元教諭と、これを看過していた
和田教諭の無為無策が招いたものであり、事故というよりは事件と呼ぶべき
事案です。
 坂本元教諭は、明らかに「暴行および傷害致死の疑い」で起訴されて
しかるべきです。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201710-8.html

 最高検が本事案の背後にある問題点に着目し、生徒たちの権利を守るためにも、
両親の申し立てに耳を傾けるよう期待するところです。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック