FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

群馬県教委、スポーツ事故検証委を設置

[ 2018/02/19 06:23 ]
 NHK前橋放送局は2018年2月15日

 去年12月、群馬県立藤岡中央高校のグラウンドで陸上部の練習中に
3年生男子が投げたハンマー投げのハンマーがサッカー部の2年生男子の
頭に当たり死亡した事故を受けて、県教委は学識経験者や陸上競技の
専門家など5人からなる検証委員会を設置し、この日同高で初会合が
開かれました。
 笠原寛・県教育長が「教育関係者にとって、子どもたちの安全を守ることは
最大の使命で、専門的な知見から調査・検証をして、再発防止に向けた
提言をお願いしたい」と述べ、学校での事故に詳しい東京学芸大学の
渡邉正樹教授が委員長に選ばれました。
 県教委によりますと、これまで高校などが行った事故の原因などに関する
調査結果が報告されたうえで、今後、再発防止策などについて具体的に検討を
進めていくことを確認したということです。
 会合のあと委員たちは、グラウンドを視察し、事故当時の状況などについて
確認していました。

と伝えました。

 群馬県の笠原教育長は
「教育関係者にとって、子どもたちの安全を守ることは最大の使命」
という基本方針を明言し、これを実現するために
「専門的な知見から事故を検証し、再発防止に向けた提言」
を得ることが検証委を設置した目的だと述べたのです。
 そして特筆すべきは、この日の検証委で
「高校などが行った事故の原因などに関する調査結果が報告」
されたことです。

 兵庫県が龍野高女子テニス部事故をめぐる裁判において、
「龍野高は事故について調査していないが、保護者がすでに調査をして
いるので、同高があえて調査する必要はない」
と驚くべき主張を展開したこととは、まさに対照的です。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201510-2.html

 最高裁はこれを退け、兵庫県は敗訴が確定しましたが、今日に至るまで
その姿勢を崩していません。
 すなわち兵庫県と同県教委、そして龍野高の関係者は
「教育関係者にとって、子どもたちの安全を守ることは最大の使命」
とは考えていない、と判断せざるを得ません。
 兵庫県民の皆さん、この事実を当然のことと容認できますか?
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック