FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

大阪地裁、国賠法の求償権を認める判決言い渡す

[ 2018/02/18 09:35 ]
 2018年2月17日付朝日新聞大阪本社版は、

 大阪市立桜宮高校バスケットボール部の男子生徒が顧問だった男性から
暴行を受けて自殺した問題で、市が遺族に支払った賠償金の半額を元顧問の
男性に求めた訴訟の判決が16日、大阪地裁であった。長谷部幸弥裁判長は
元顧問に請求通り4361万円の支払いを命じた。
 部の主将だった生徒は元顧問から暴力や暴言を受け12年12月に自殺。
遺族は13年、市を相手に東京地裁に損害賠償請求訴訟を提起。判決に基づき、
市は遅延損害金を含め8723万円を支払った。
 国家賠償法は、公務員個人に故意や重い過失があった場合、国や自治体が
本人に支払いを求める「求償権」があると定めている。
 今回、市は賠償金の原資は税金で、元顧問には重い過失があったとして
負担を求めることを検討。交渉したが折り合いがつかず、17年11月に提訴
していた。
 名古屋大大学院の内田良・准教授(教育社会学)は
「教育の範疇を超えた事案について、自治体は積極的に教師に賠償を求めて
いくべきだ。でなければモラルハザードが起きる」
と述べた。

と伝えました。

 これについて09年8月、大分県立竹田高剣道部の練習中に顧問教諭だった
坂本忠文氏から暴行を受けて死亡した工藤剣太さんの母・奈美さんは、
「画期的な判決で、嬉しく思います。
 学校設置者である自治体が元顧問への求償権を行使したことは、今後の
再発防止に向き合った行動と考えます。
 生徒に対して暴行を加えたり、暴言を吐くといった人権を無視した行為が、
不幸にして事故・事件を招いた場合には、公務員といえども個人が責任を負う
のが当たり前です。
 求償権の行使が一般化すれば、暴言・暴力を指導の一環と考えている
教員に対して、一定の抑止力になると思います」
とコメントしています。

http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201710-7.html
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック