兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

教育現場に蔓延する隠蔽体質と無責任体質

[ 2018/01/23 13:32 ]
 2018年1月22日付毎日新聞オンライン版は、

 聖カタリナ学園高(松山市藤原町)で、女子ソフトボール部監督の男性教諭(30)が
部員に体罰やセクハラ発言を繰り返していた問題について、芳野敬三校長は、
問題が報道されるまで学園の理事会に報告していなかった。
(中略)
 同校が、保護者からの訴えで最初に問題を把握したのは昨年12月15日。
同18日付で教諭を「校長訓戒の懲戒処分」とし、教諭の監督としての活動は
無期限で停止とした。
 しかし、この処分は芳野校長が独断し、教諭に口頭で通達したもので、
同22日に開かれた理事会で問題や処分について報告していなかったという。
 理事会へ報告したのは、問題が最初に報道された1月17日。独断で処分した
ことや理事会への報告が遅れた理由について、芳野校長は20日の記者会見で
「部員が復帰しやすい土壌を作りたかった。事態が収束しつつあり、和解したら
報告するつもりだった」などと釈明し、「極めて不適切な処分だった」と謝罪した。
 学園は事態を重視し、19、20日に理事会を開いて教諭を19日付で諭旨解雇、
芳野校長を減給とする処分を決めた。

と伝えました。

 12年7月20日、西条聖マリア幼稚園(愛媛県西条市)のお泊り保育に
参加した際、増水した川に流されて死亡した吉川慎之介くん。
 西条聖マリア幼稚園の設立母体である学校法人・ロザリオ学園の
ホームページによると、ロザリオ学園と聖カタリナ学園には密接なつながりがあり、
「ロザリオ学園BigFamily」と称しています。
www.rosario.ac.jp/main/bigfamily/

 慎之介くんの母・優子さんは、西条聖マリア幼稚園について
「教諭らからは『川が悪い』、『安全対策について学んでいないのだから
責任はない』など、残念な主張を繰り返し聞かされる。
 わが子を亡くした親として心穏やかではいられず、精神的な負担は大きい」
と述べています。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201609-6.html

 また同園の園長以下関係者は、吉川さん夫妻が設置した調査委員会の
聞き取りにも応じていません。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201508-1.html

 こうした事実を踏まえて吉川優子さんは
「隠蔽体質や、事実をうやむやにしてしまおうという無責任体質は、
聖カタリナ学園とロザリオ学園の双方に共通している。
 西条聖マリア幼稚園のお泊り保育事故から学ぶべき教訓が、“BigFamily”と
称する組織内で活かされていないのは、極めて遺憾だ。
 しかし聖カタリナ学園は、少なくとも事実をうやむやにしようとしたことを認め、
記者会見で謝罪をしている。
 一方ロザリオ学園は、事故から5年以上経過しているにもかかわらず
謝罪もせず、説明責任も果たしていない」
と厳しく批判しています。


(この項、つづく)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック