FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

愛媛県と栃木県の私立高、部活顧問教諭の暴行が発覚

[ 2018/01/19 07:42 ]
 2018年1月18日付朝日新聞は

 松山市藤原町の私立聖カタリナ学園高校で、女子ソフトボール部監督の
男性教諭(30)が2年生の女子部員4人に体罰を繰り返し、うち1人に
セクハラ発言もしていたことがわかった。
 同校が17日夜に会見を開き、同日、事実関係を県に報告したと明らかにした。
うち2人は現在も登校できていないという。
 同校によると、昨年4月から監督に就いた教諭は同7月ごろから、部員4人に
対し、手のひらや拳で殴ったり、バント練習時に打撃マシンの球を素手で
受けさせたりした。
 また、1人には「彼女にしてやろうか」「女子なんだからむだ毛は剃らないと」
などと発言したという。「部活に来ないなら奨学金を受ける資格はない」
「お前たちでは勝てない。退部届を出せ」とも言ったという。
 先月15日に保護者から報告があって同校は把握。教諭は事実関係をほぼ認め、
部員や保護者に謝罪した。同校は同18日付で訓戒処分とし、部の指導から
無期限で外したが、今も被害生徒のクラスを含めて授業を担当しているという。
 同校女子ソフト部は県内屈指の強豪で、昨年の全国高校総体にも出場。
芳野敬三校長は会見で「ご心配をおかけして申し訳ない」と謝罪した。

と報じています。

 また同日付毎日新聞には

 佐野日大高(栃木県佐野市石塚町)で女子バレーボール部の顧問だった
男性教諭(53)が3年前に部員に太ももを蹴るなどの体罰を加えていたことが
17日、同校への取材で明らかになった。
 同校によると、男性教諭は15年10月、同校で行われた練習試合中に当時
3年生だった部員1人の右太ももを3回蹴り、拳で胸を5回殴ったという。部員は
打撲など全治約2週間のけがをした。部員が痛みを訴えたことで体罰が発覚。
男性教諭は同校の聞き取り調査に対し、「チームを引き締めて、他の選手と
連帯感を持たせようと思った」などと説明しているという。
 男性教諭は約3週間の出勤停止と減給の懲戒処分を受け、昨年3月に顧問を
解任された。
 同校は今月、県文書学事課や県高体連などに報告。同校の榊原茂明教頭は
「体罰の報告が必要という認識がなかった。今後は教員に対する指導を更に
徹底していきたい」と話した。
 私立学校を所管する県文書学事課は足利工大付高(足利市福富町)の
男子バレーボール部の男性コーチが昨年6月に部員を蹴るなど暴行した
問題を受け、12月に県内の私立学校長に対して教員の適切な指導を徹底する
よう通知したほか、私立学校長の出席する会合で体罰などの問題があれば
速やかに関係機関に報告するよう指導していた。

という記事があります。

 大分県立竹田高剣道部事件で、大分地裁と福岡高裁が生徒に対して
暴力を振るった顧問教諭(当時)の行為を重過失と認定し、賠償責任を認める
判決を言い渡したのは記憶に新しいところです。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201710-8.html

 亡くなった工藤剣太さんの母・奈美さんは、大分地裁判決を受けて
「この判決で、教師は自らの言動に責任を問われることになった。
 カッとして生徒に対して暴力を振るおうとしたときの抑止力となりうる。
 これが全国に広まることを願っている」
と述べていましたが、
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201612-2.html
大変残念なことに、奈美さんの願いが教育現場に浸透しているとは言い難い、
と判断せざるを得ません。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック