FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

神戸市立高で不適切な生徒指導

[ 2017/12/30 16:18 ]
 2017年12月26日付神戸新聞は

 神戸市東灘区の市立六甲アイランド高校で1年の男子生徒が校舎5階から
転落し、重体となっている問題で、男子生徒は転落直前、会員制交流サイト
(SNS)を巡る生徒間のトラブルについて約8時間にわたり教諭らから事情を
聴かれ、反省を促されるなどの指導を受けていたことが25日、神戸市教育
委員会などへの取材で分かった。(中略)
 学校関係者らによると、男子生徒は今月発覚したツイッター上のトラブル
について22日、始業前から1階の個室でトラブルの内容や経緯などを
聴かれるなどした後、休憩や自習を挟みつつ、翌日以降に別室での指導を
受けることを告げられた。指導を終えた十数分後の午後5時ごろ、敷地内で
倒れているのが見つかった。校舎5階の窓が開いており、ここから転落した
とみられる。
 同校の関係者によると、同様の指導では、朝から1人で別室に入り、一日の
予定を書き出し、それを実践できたかなどの反省を記したり、学校や家族に
ついて作文を書いたりするという。期間は2週間近くに及ぶこともあったといい、
生徒指導担当教諭から「高校を辞めるか」などと強い口調で言われた生徒も
おり、関係者は「指導を受けた後、かなり落ち込んだ様子の生徒もいた」
と話した。
 市教委は、男子生徒に関して「指導の中身や期間については明らかに
できない」とする一方で、「指導の際は、生徒の人権に十分配慮している」と
強調。「男子生徒の転落と指導の関係については、現段階では分からず、
詳細は差し控える」としている。

と報じました。

 「『指導死』親の会」の共同代表・大貫隆志氏は、
「『指導』の名を借りた教員の不適切な言動が児童生徒らに精神的な圧迫を加え、
心理的視野狭窄状態を生み出して突発的な自死を招くことがある」
と警告し、不適切な言動の例として
・長時間の身体的拘束、
・複数の教員が1人の生徒を取り囲む集団圧迫、
・暴言や恫喝によって心理的外傷を負わせること、
・反省や謝罪の強要、
・子どもを1人にする安全配慮義務違反、
などをあげています。

 同日付毎日新聞大阪本社版夕刊は

 指導は教員3人が複数の生徒を対象に、2日間にわたり実施された。
21日は7時間半、22日は8時間半かけ、教員の面談による事実確認・指導は
各30分~1時間で、残りの時間は反省文の作成や自習をさせた。25、26日は
面談の予定だった。生徒が転落したのは、22日の指導終了後、保護者の
迎えを待つ間だった。

と伝えました。

 これによると六甲アイランド高の対応は、大貫氏の指摘している項目の
多くに該当します。
 一方、大谷真一・神戸市教委学校教育部長は12月26日の記者会見で
「実質的な指導は35分と1時間。ほかは反省文を書かせるなど、自主的な
学習の時間。比較的軽い指導と考えている」
との見解を示しています。(同日付神戸新聞夕刊)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010849955.shtml


(この項、つづく)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック