兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

17年度第4回日体大研修会(その3)

[ 2017/12/19 06:21 ]
 10年6月7日、同学年の男子生徒4人から執拗ないじめを受け、
川崎市内の自宅トイレで硫化水素ガスを発生させて自死した
篠原真矢くん(当時中3)の母・真紀さんは、真矢くんが
「教室で休み時間に、女子生徒もいる前で4人に羽交い絞めにされ、
下着まで脱がされるという屈辱を味わわされていた」
ことを明らかにしました。
 このような壮絶な経験を、思春期の男子が家庭で話すわけもなく、
したがってこうした事実は市教委の職員2人が綿密な調査を行った結果、
判明したものです。

 真紀さんは
「市教委職員は毎週末自宅を訪問し、『現時点で明らかになっていること』
について、欠かさず中間報告をしてくれた。2人とも『夢に真矢くんが出てきた』
と話すくらい真摯に向き合ってくれた」
とし、上記のいじめに関しても一人の女性教諭が現場を目撃していながら
「『あんたたち、何してるの!』と声をかけただけで重大事案と判断せず、
男子生徒らの問題行動を野放しにしていた実態についても解明してくれた」
と述べました。

 そのうえで、
「市教委職員2人がまとめた記録は3000ページにも及ぶ膨大なものだった。
 その結果を報告書に集約してくれたが、わたしたち家族に向かって
『これだけしか調べられませんでした』と泣きながら手渡してくれた。
 川崎市にできることが、ほかの自治体でできないはずはない」
と自らの経験を語りました。
 そして
「日体生の皆さんは多くが教員志望だと聞いているが、いじめはクラスでも
部活でも起こりうる。
 生徒のそばにいるのは先生だし、生徒が頼りにできるのも先生だ。
 相談しやすい環境や関係性を築いてあげてほしい」
と呼びかけました。

 日体大には学校事故・事件の被害者家族や、現職教員も数多く参集して
いましたが、
「川崎市や名古屋市の対応は、わたしたちの経験とは正反対だ。
 こうした対応がなされていたら、提訴することはなかった」
「学生のうちに当事者の生の声に接することができるのは貴重な経験だし、
彼らが真剣に耳を傾けていたのが強く印象に残った。
 こうした取り組みは、多くの大学で実践してほしい」
という意見が異口同音に聞かれました。

 南部さおり・同大准教授は
「今年度は今回が最後だが、来年度も引き続き実施していく」
と明言しました。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック