兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

全国学校事故・事件を語る会、文科省に要望書を提出

[ 2017/12/10 07:58 ]
 「全国学校事故・事件を語る会」の代表世話人、内海千春氏と宮脇勝哉氏は
2017年12月8日文部科学省を訪れ、林芳正・文科相あてに
「被害者救済の観点に立った学校事故・事件の事後対応の充実について(要望)」
を提出しました。
 この要望書の全文は同会ホームページで参照できます。
https://katarukai.jimdo.com/

 同日は文科省およびスポーツ庁から、三谷卓也・初等中等教育局
健康教育・食育課長ら5人が出席し、14時00分から15時28分まで
当初の予定を約30分上回り、両氏と意見を交換しました。

 内海氏は記者会見で、文科省が16年3月31日付で発表した
「学校事故対応に関する指針」について、
「三谷氏は、自身が策定に関わった経緯もあり、その趣旨を十分に理解している
との認識を示したが、きょう提出した要望書のなかで、被害者や家族らが
『現場で徹底されていない』と指摘していることを受けて、『愕然とした。速やかに
周知徹底する』と明言した」
と述べました。
http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/anzen/1369565.htm

 そのうえで第三者委について、
「委員には弁護士や研究者が任命されることが多いが、彼らは現場を知っている
わけではない。教員にとっては、報告書の記載内容は机上の空論に過ぎず、
反発を招くものでしかない」
とし、自身が中学校教員だった経験に基づき
「教員は上からの指示に従順だ。管理職を通じて箝口令が敷かれ、第三者委に
一任せよと指示されれば、被害者や家族とも一切関わろうとしない。このため
教員が傍観者となって、思考停止してしまっている。
 教員間で議論し、当事者意識をもって思考しなければ、解決は望むべくもない」
「教員の調査能力を過小評価すべきではない。調査できないのではなく、
『重大事案』という言葉に狼狽し、怖くてやれないのが実情だ」
と述べました。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201708-1.html

 さらに
「情報を持っていて、しかも開示しないのが学校だ。指針を順守すれば、過去に
調査しないまま放置してきた事案との整合性がとれない。被害者や家族から
『過去の問題についても調査せよ』と要求されるのではないか、とおびえている
から早急な方針転換ができないでいる」
と指摘し、意識改革が必要との認識を示しました。

 宮脇氏は、
「文科省に対しては10年以上前から要望を続けているが、当初は学校事故・事件
の全容を解明するために第三者委員会を設置してほしい、という内容だった。
 最近はこれが当たり前のことになってきている。時間はかかっているが、少しずつ
『語る会』の声が届いている、との手ごたえは感じている。
 しかし被害者が声をあげなければ行政は動かない、という状況に変化はない」
と指摘し、
「要望書には、文科省の見解を今年度中に文書で示してほしいと記載しているが、
この点について三谷氏らから明確な回答は得られなかった」
とのことです。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック