兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

大阪市の水泳死亡事故、控訴審進行協議

[ 2017/11/28 23:02 ]
 2013年8月24日、大阪市の障害者スポーツクラブでの水泳練習中に死亡した
国本考太さん(当時24歳)の両親が、クラブを運営していたNPO法人と女性コーチを
提訴している損害賠償請求訴訟の控訴審(江口とし子裁判長)。
 17年11月27日には大阪高裁で非公開の進行協議が行われました。

 控訴人・国本さん側は、医学的な見地からの分析に加えて、障害者スポーツ全般に
ついて有識者に意見書の執筆を依頼しており、次回口頭弁論までにこれらを提出する
方針を明らかにしました。
 国本さんの代理人弁護士は、こうしたプロセスを経て裁判官が
「一審判決をさらに進めて認定してくれるのではないか、と期待している」
と述べました。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201710.html

 次回は18年2月27日13時30分、大阪高裁84号法廷で口頭弁論が行われます。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック