兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

日体大研修会「命・人権について考えるシンポジウム」

[ 2017/11/06 20:49 ]
 日本体育大学スポーツ危機管理学教室は2017年11月3日、
「命・人権について考えるシンポジウム」を同大健志台キャンパスにて開催し、
学内外から約60人が参加しました。

 同日は、「全国学校事故・事件を語る会」の代表世話人・宮脇勝哉氏が講演し、
兵庫県川西市立中ラグビー部の練習中、顧問教諭(当時)の不適切な指導によって
熱中症を発症し、多臓器不全で亡くなった長男・健斗くん(当時13歳)について
「無知と無理が事故を招いた」
と指摘し、健斗くんの命を無駄にしたくないという思いから各方面に働きかけた結果、
「天気予報で『熱中症危険情報』を伝えるようになったことと、文部科学省と
独立行政法人・日本スポーツ振興センターがまとめた『熱中症を予防しよう』
というリーフレットを全国の幼稚園と小中高校、および高専に配布したことは、
息子に褒めてもらえるのではないか、と思っている」
と述べました。

 「『指導死』親の会」共同代表の安達和美氏は、
「生徒指導は、『子どもの権利条約』が規定している『子どもの最善の利益』のために
行われるべきものだが、教師の暴言暴行によってPTSD(心的外傷後ストレス障害)
を発症したり、死に至るケースが多数ある」
とし、
「子どもは間違いながら成長するもの。親も教師も迷い、悩みながら子どもとともに
成長していくのではないか。
 しかし『子どもの権利条約』の理念が、教育現場には全く浸透していない」
と訴えました。

 同会共同代表の大貫隆志氏は、17年3月14日に福井県池田町立中2年生
男子が自死した事件について
「指導死の典型的な事例だ。教師は暴力をふるってはいないが、執拗に暴言を
繰り返したことで生徒を自死に至らしめた。
 本件は人目がある場面で行われていたので、目撃した生徒らから証言が
得られたが、多くの場合は密室で行われるので、学校は事実を隠蔽しやすい」
と指摘しました。
http://digital.asahi.com/articles/ASKBK7L2TKBKUTIL05Z.html

 そのうえで
「生徒指導は教員個々の判断によって、計画性がないまま行われるので、
十分な教育的配慮に基づいた生徒指導教育活動とは乖離したものになる。
 『厳しい指導』とは、大声で生徒を罵倒し人格を傷つけることなのか?
静かな口調で説諭し、納得を得ようとしないのであれば、それは教員の手抜きだ」
と述べました。

 大貫氏の指摘は、日体大が16年12月15日付で発行した
『スポーツ指導者のためのガイドライン』に
「教師が生徒に体罰を加える時、多くの場合理性的な行動としては行われません。
感情に任せてふるわれる暴力は、コントロールが困難となります。
 もしそこでの暴力が原因となって、子どもが心身に深い傷を負ったり、死に
追いやられたりした場合、それでも『信頼関係』の下での『愛のむち』として
許されるのでしょうか」
という記述があることと軌を一にするものです。

 日体大の「学校・部活動における重大事件・事故から学ぶ研修会」、次回は
12月14日17時30分から、同大世田谷キャンパス記念講堂で行われます。
 学外の方は、予約が必要です。
 お問い合わせは日体大総合スポーツ科学研究センター
(03)5706-0931(担当:中嶋・國嶋)まで
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック