FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

竹田高剣道部事件、福岡高裁は大分県の控訴を棄却(その3)

[ 2017/10/04 17:59 ]
 福岡高裁の判決言い渡し公判を傍聴し、報告集会にも参加していた
佐藤晋平・佐賀大学文化教育学部専任講師は、
「教師は、児童・生徒の生命を守ることに極めて重い責任を負っている。
 このことを教員養成学部に在籍する学生に徹底できているだろうか?
 ましてや現職教員の意識に浸透しているだろうか?
と、教育学の研究者は改めて検討することが必要なのだと思う」
とし、
「本件は裁判で『重過失』と認定されたが、では『過失』と『重過失』は、
どこで線引きされるのか?
 『過失』であっても児童・生徒の命が失われることは十分考えられるし、
『重過失』と認定されても、一命をとりとめれば結果責任を免れられるのか?
 こういったことに対して、教育学の研究者がより積極的に議論していく
必要があると痛感している」
との見解を表明しました。

 また教員養成学部の現状について、
「『自分が児童・生徒だった時期に理不尽な扱いを受けた記憶がある、
だから教員になって現場を改革したい』という意欲をもって入学してくる
学生もいる。
 しかし彼ら・彼女らは、あくまで少数派だ。多くは現行の学校教育システムに
全幅の信頼を置いており、少数派の意見に耳を傾けることは難しいのが現状だ。
 こうした状況にあって、国立大学についていえば、昨今進行している
いわゆるゼロ免課程廃止などの学部改変は、さらに学生の多様性を失うものと
ならないか、と危惧している」
と述べました。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック