FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

竹田高剣道部事件、福岡高裁は大分県の控訴を棄却(その2)

[ 2017/10/03 20:43 ]
 17年9月28日付朝日新聞大阪本社版は

 大阪市立桜宮高校バスケットボール部の男子生徒(当時17)が12年に
自殺した問題で、大阪市議会は27日、市が遺族に支払った損害賠償金など
計8723万円の半額を、部の顧問だった男性教諭に支払いを求める訴訟を
大阪地裁に起こす議案を可決した。
 バスケ部の主将だった男子生徒は12年12月に自殺した。元教諭は暴力を
ふるっていたなどとして懲戒免職となった。その後、遺族は市に損害賠償を
求める訴訟を東京地裁に起こし、元教諭の暴行などが自殺の原因として
約7500万円の支払いを命じる判決が確定。市が賠償金と遅延損害金を
16年に支払っていた。

と報じました。

 これに関連して、剣太さんの父・英士さんは
「大阪市議会は(桜宮高バスケ部の)元顧問教諭に重大な過失があったとして
国家賠償法第1条2項に基づいて求償権を行使する、と議決したのだろう。
 大分県議会にも、この気持ちを持って動いてもらいたい」
と述べました。
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=322AC0000000125&openerCode=1

 坂本忠文・元教諭が、大分県に対して支払うよう命じられているのは
100万円です。
 そして大分県教委は、坂本氏に懲戒免職処分を下してはいません。
 すなわち坂本氏は現在、教職に復帰してこそいませんが、大分県職員という
身分であることに違いはありません。
 つまり県民の皆さんが納められた税金で、坂本氏が給与等を得ている
状況には変わりないのです。

 大分地裁も福岡高裁も、坂本氏に対して「自己破産しても償え!」
と求める判決を言い渡しているわけではありません。
 もちろん工藤さんも、金額について争っているわけではありません。
 責任の所在を明らかにするため。
 すなわち、けじめをつけさせるために、あえて提訴してきたのです。

 あえて言いますが、自らの懐に1円も入るわけでもない。
 それどころか、訴訟にかかる費用を負担しながら行政訴訟を提訴した
工藤さんの思いは、
「県民が納めた税金を、『賠償金』として県議会で補正予算を組まざるを
得ない状況をもたらしたのは坂本忠文・元教諭にほかならず、県民が
連帯して責任を負うべきものではない。坂本氏の責任を問いたい」
という一点にあることは、繰り返し強調しておきたいと思います。

 このような事実を列挙すれば、
「大分県が法廷闘争を繰り広げるべき相手は、工藤さんではない」
ということが、皆さんにも十分ご理解いただけるものと思います。
 大分県議会議員および大分県職員、そして大分県民はもとより国民の
皆さんに、上記英士さんの発言を、改めてかみしめていただきたいと思います。

 なお両親は17年5月16日、福岡高検に本件を刑事事件として立件するよう
申し入れていますが、英士さんによると
「なにも連絡はない。しかし今回の判決を受けて、何らかの動きがあるのでは
ないか、と期待している」
とのことです。

 剣太さんの母・奈美さんは
「剣太が亡くなってから8年。長い戦いだったが、家族だけで乗り切ることは
できなかった。多くの皆さんに支えられてきたからこそ、と感謝している。
 裁判が終わったからといって、『剣太の会』の活動は変わりなく続けていくし、
いまも全国各地で戦いを余儀なくされている学校事故・事件の被害者は
大勢いる。これからも、いっしょに支えあっていきたい」
と述べました。


(この項、つづく)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック