兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

日本子ども安全学会第4回大会

[ 2017/09/11 20:26 ]
 2017年9月9日、「日本子ども安全学会」第4回大会が都内で開催され、
全国各地から約70人が参加しました。

 石井拓児・名古屋大准教授が
「学校事故・部活動問題の教育法的・制度論的検討」
と題する基調講演を行い、
「部活動の指導者になりたいから教員を目指している」
という学生が相当数いることに加え、
「部活は保護者からクレームが来るからやめられない」
という現役教員の声を紹介したうえで、
「部活動が過熱するのは、教員と一部保護者の共犯関係に原因がある」
と指摘しました。
 またユネスコが15年に発表した「体育・身体活動・スポーツに関する国際憲章」に、
「スポーツに専門的責任を負うすべての人材は、適切な資格を有し、トレーニング
を行い、継続して専門的力量の向上に努める」
との記述があることを指摘し、
「わが国にも米国公認アスレティック・トレーナー(ATC)に準じる資格制度を確立し、
公立・私立を問わず、すべての学校に有資格者のトレーナーを配置すべきだ。
 その際、トレーナーには顧問教諭や外部指導者が適切な指導を行えるよう、
指導監督する権威と権限を与えることも不可欠だ。文部科学省には資格認定と
予算措置について提言しているが、彼らは『スポーツ庁の管轄だ』として及び腰だ。
 しかし学校管理下でスポーツ事故が相次いでいる現状に鑑みると、なんとも
歯がゆい限りだ」
と述べました。

 プラムネット株式会社の渡辺直史氏は、未就学児の保育施設が登山を行った際、
4歳児と5歳児それぞれ1名が約3時間にわたって行方不明になるという事態が
発生した際、当該園と自治体から第三者委員会による検討を依頼され、委員として
参加した経験について発表しました。
 同氏は
「重大事故が発生した場合、どうしても責任の所在や過失の有無、法的責任や
賠償責任という話になってしまう。そうなると関係者は口を閉ざし、結果として
情報が開示されず、したがってリスク要因について共有できないという事態に
陥りやすい。『快復可能な傷病』や、命に関わった可能性のある『ヒヤリ・ハット』など、
重大事故に至る一歩手前の段階における検証こそ、子どもの命を守る上で重要だ」
との見解を示し、
「委員が持つ専門性・客観性・公平性が、検証の過程で遺憾なく発揮されるならば、
当事者も含めた垣根のない情報交換の場を作り出すことができる。そしてそこでは、
『誰が』悪いのか?よりも、『何が』事故につながったのか?に光を当てることによって、
再発防止に向けた教訓を導き出すことが可能となる。
 そして生徒や保護者への説明責任は、あくまで学校・園にある」
と述べました。

 日本子ども安全学会を運営している一般社団法人吉川慎之介記念基金の
吉川優子・代表理事は、水遊びの際は必ずライフジャケットを着用するよう
訴える活動を続けています。
http://digital.asahi.com/articles/ASK7V5TS4K7VUBQU01F.html

 グローブライド株式会社の吉川隆氏は、吉川優子さんの活動に賛同して
同基金に子ども用ライフジャケット100着を寄贈すると発表しました。
www.globeride.co.jp

 吉川優子さんは、長男・慎之介くんが12年7月、幼稚園のお泊り保育に
参加した際、川遊び中に流されて死亡した愛媛県西条市にこれを寄付する
との意向を示し、
「事故の記憶が年月とともに風化するのは避けられないかもしれないが、
事故の教訓が風化することはあってはならない」
と述べました。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201609-6.html

 同学会の第5回大会は18年9月8日、中央大学駿河台記念館で開催されます。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック