FC2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

世田谷区立小組み体操事故裁判、第2回弁論準備

[ 2017/08/04 08:44 ]
 2014年4月14日、組み体操の練習中に発生した事故で脳脊髄液減少症を
発症した東京都世田谷区立武蔵丘小6年生(当時)男子と両親が、担任の
男性教諭(同)と世田谷区に損害賠償を求めている裁判で17年7月28日、
非公開で弁論準備が行われました。
 原告は世田谷区に対して、本件に限らず区立小中学校で被害に遭った
児童・生徒に後遺症が残る、あるいは完治に数カ月を要するといった
重大事故が発生した場合、校名や被害者の状況、学校および区教委の
対応などを区のホームページで公開すること、中立な立場の第三者調査委員会を
設置して事故を検証することを求めていますが、世田谷区はいずれも拒否しています。
 これについて両親は、事故の全容解明なくして再発防止策の策定はあり得ない、
との立場から
「少なくとも第三者調査委の設置は、なんとしても和解条項に盛り込みたい」
としています。

 もう一つの懸案である事故報告書の書き換えについて、世田谷区は
「公文書なので訂正はできない」
と突っぱねたうえで、保護者が提出した文書を一緒に保管し、双方の言い分が
同時に閲覧できるよう配慮する、としています。
 世田谷区にしてみれば、被害者と保護者に一定の譲歩をした結果、こうした提案を
したということかもしれません。
 しかしあくまで「双方の主張を同時に閲覧できる」ということで、双方の主張が
平行線をたどっている現状に変化をもたらすものではありませんし、当然事故の
全容解明につながるものとは言えません。
 一方、12年9月2日に兵庫県立高2年(同)男子がいじめを苦に自殺した事件では、
17年5月になって同高が追加報告書を作成して県教委に提出し、学校が行った
調査について事実上誤りを認めた、という前例があります。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201705.html

 組み体操事故は「すでに終わったこと」ではありません。
 発生から3年以上経過しても被害者の体調が改善しているわけではありませんし、
残念ながら今後も劇的な変化が見込める状況にはありません。
 これほど重大な事故が発生したのは、担任教諭(同)の無理な指導に原因があった
との疑いが払拭できていない以上、第三者委が精緻な調査を行って全容解明に
努めたうえで実効性ある再発防止策を策定し、その運用の徹底に努めることが、
せめてもの誠意ではないでしょうか。

 なお両親によると、和解金額の提示は今回もなく、担任教諭からの謝罪についても
回答はなかった、ということです。
 次回は9月5日18時30分から、3回目の弁論準備が行われます。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック