兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

橿原市の自死遺族、取手市教委の対応について語る

[ 2017/06/04 20:52 ]
 2017年6月2日付朝日新聞は

 茨城県取手市で15年11月、市立中学校3年の中島菜保子さん(当時15)が
自殺したことをめぐり、市教育委員会は1日、市の調査委員会を解散させる方針を
公表した。調査委員会をめぐっては中島さんの両親が「中立性と公平性、遺族への
配慮が欠けている」などと、解散を求めていた。
 藤井信吾取手市長は1日の会見で「市教委の対応が遺族に寄り添ったものでは
なかったことについて、心よりおわび申し上げる」と述べた。同席した矢作進教育長も
「遺族との信頼関係を回復するにはスタートに立ち返り、(調査委員会を)解散する
方向で考えていきたい」と話した。2日に開かれる市教委に解散を提案する方針という。
 市教委は昨年3月「(自殺は)いじめによる重大事態に該当しない」と議決していた。
しかし、先月30日にこの議決を撤回し、文部科学省からも調査の見直しの検討を
指導されていた。31日には、矢作氏が両親に謝罪もしていた。

と伝えました。
 同市教委は6月2日、正式に調査委の解散を決定しました。

 この問題について、いじめを苦に自殺した奈良県橿原市立中1年生(当時)
女子生徒の母親は、
「教育長であれば、市立校に在籍する生徒は我が子同然ではないか?
 線香の一本もあげに行っていなかったと聞いているが、実に驚くべきこと。
 遺族と面会して悲しみの共有も出来ないとは、いじめの有無以前の問題だと思う」
と批判し、
「遺族と行政の温度差は極めて大きく、温度差を解消する努力をしないまま、
行政が事態の沈静化を至上命題として突っ走ってしまうと、このような事態に陥る」
と、自らの経験に重ね合わせて述べました。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201705-2.html

 取手市が橿原市と同様に、遺族との信頼関係を構築できなかった調査委を解散し、
委員を選任し直したうえで新たに調査委を立ち上げる方針を打ち出していることに
ついては、
「調査委設置に関わる条例や設置要綱などについて、遺族と協議する場を設ける
ことも大事だし、解散した調査委が保管している資料の取り扱いの取り決めも大事。
 時間経過による記憶の劣化、(市教委などによる)隠蔽の恐れなどについても、
同時進行で注視していくことが必要不可欠だ」
と指摘しています。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック