兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

全国学校事故・事件を語る会、シンポジウムを開催(その3)

[ 2017/05/24 07:17 ]
 「全国学校事故・事件を語る会」の代表世話人、内海千春氏は議論を総括するなかで
「学校・教委と、被害者・家族を比較すれば、情報量・人的パワー・資金力・発信力
において10対1、100対1という圧倒的な格差がある。『中立性』というが、弱者の
視点に立って被害者を救済するという姿勢を担保しない限り、『中立』ではありえない
のではないか」
と、現状における問題点を指摘しました。
 さらに調査委は誰のためのものなのか?誰のためのものであるべきなのか?
と問いかけ、
「被害者救済を最優先課題とし、被害者と家族に寄り添うものであるべきだ。
 このためには、設置要綱において調査委の目的と所掌事務を明確化しなければ
ならないし、委員の人選においても被害者・家族の意向を反映させることは不可欠だ」
と述べました。

 参加者からは
「調査委が被害者と家族に寄り添うとすれば、それは『人間の尊厳を守る』
ことに行き着く。委員がこの感受性を有しているか否かに尽きる」
といった意見や
「報告書が公表されても、その内容に被害者と家族が納得できないものであれば、
必ず再調査を行うという方向にかじを切るべきだ」
「調査委が報告書を公表したところで、その内容を教育現場にいかに反映させるか?
というプロセスが定まっていない。したがって『報告書は出たが、出しっぱなし』
というのが現実だ」
という意見。
 さらに
「不審死の場合は、全件司法解剖して死因を特定しておくべきだ」
という意見も出ました。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック