兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

全国学校事故・事件を語る会、シンポジウムを開催(その2)

[ 2017/05/24 07:12 ]
 奈良県橿原市立中1年生女子生徒が2013年3月28日、いじめを苦に自殺した
事件について、母親が自らの経験を語りました。
 母親は、担任や学年主任、部活動の顧問ら複数の教諭がいじめに関する情報を
共有していながら事態を放置し、保護者にも伝えなかったために
「未然に防げたはすの自死事案が発生した」と告発しています。

 にもかかわらず橿原市は、森下豊市長、吉本重男教育長らが同市の顧問弁護士
だった北浦一郎氏(大阪弁護士会)を第三者委に送り込み、同氏に委員会の運営を
主導させることで事実を隠蔽し、「母親の虐待が自死の原因」と事実ではないことを
捏造し、これを流布することで学校側が負うべき責任を家庭に転嫁しようと画策しました。

 しかし、この試みは旧委員会の委員らが内部告発し、旧委員会を解散に追い込む
ことで頓挫しました。
 その後、出口治男弁護士を委員長とする新委員会が発足し、橿原市の姿勢を
痛烈に批判したことは既報のとおりです。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201310-3.html
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201504.html

 母親はシンポジウムで、
「情報の隠蔽・歪曲は、被害者と遺族に対する重大な人権侵害だ」
と訴え、
「加害生徒らから、謝罪と反省の機会を奪わないでほしい」
と要望しました。
 そのうえで、罰則規定が整備されないと「いじめ防止対策推進法」や、
文部科学省が17年3月に公表した「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」
が有効に運営されない、と指摘しました。

 12年7月31日、教師からの指導を受けた直後に自死した新潟県立高校3年生
男子生徒の父親は、
「第三者委が設置される場合、その設置要綱が生命線」
と強調しました。
 当初、新潟県教委は委員の選任についても遺族側の推薦は
「公正性・中立性・客観性に欠けるため認めない。公正性・中立性・客観性が
担保されているかどうかは、県教委が判断する」
としていました。

 当然ながら遺族側が了承できるものではなく、粘り強く交渉した結果、
調査委の所掌事務として
「原因究明と学校・県教委の事後対応の検証」
と明記させたことが大きな意味を持った、と振り返りました。
 この結果、16年7月25日付で、第三者調査委が調査報告書を県教委に提出し、
新潟県は16年8月31日付で公表しました。
http://www.pref.niigata.lg.jp/kyoikusomu/1356782190163.html
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-category-28.html

 父親は、同級生らの多くが高校卒業後、進学などで地元を離れていたにも
かかわらず、委員らが自ら事情聴取を行ったことが調査に2年半を要した
大きな要因だと指摘したうえで、
「遺族がここまで苦労しないと正当な調査委は設置できないのか、と疑問に思う。
遺族の理解と同意を得られない調査委はあってはならない」
と述べました。
 調査委のスタンスについては
「常に遺族の心情を理解し、最後まで中立・公正であり続けることこそ、
本来の第三者委員会のあるべき姿」
と、評価しています。

(この項、つづく)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック