兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

子どもやアスリートの重篤事故を防止するためにVol.2

[ 2017/04/24 21:59 ]
 2017年4月22日、「子どもやアスリートの重篤事故を防止するためにVol.2」が
日本体育大学世田谷キャンパスで開催され、全国各地から集まった40人を
上回る参加者が意見を交換しました。
 参加者には現職の中学校養護教諭も含まれ、生徒らの安全を確保するために
学びたいとの意欲を示していました。

 この日は13年8月24日、大阪市の障害者スポーツクラブでの水泳練習中に
死亡した国本考太さん(当時24歳)と、09年8月22日、大分県立竹田高剣道部の
練習中に死亡した工藤剣太さん(当時17歳)の事例について検証しました。
 いずれも死因は熱中症による多臓器不全ですが、指導者の注意義務違反が
事故を招いたという点でも共通しています。

 日本水泳連盟は『プール公認規則』で、水温について
「競技中を通じて常に25℃以上28℃以下に保たれるような設備を必要とする」
と規定し、『水泳指導教本第2版』で「室温と水温の合計は60℃前後が最適」との
指針を明示していますが、事故発生当日の室温は36.0℃、水温は32.7℃で
計68.7℃と日本水泳連盟の指針を大きく上回っていました。
 また屋内プールは湿度が高いため、日本生気象学会が公表している
『日常生活における熱中症予防指針』を参照すれば、WBGT(熱中症指数)が
31を上回り「危険」領域に達していた可能性が高いこともわかります。
http://seikishou.jp/pdf/news/shishin.pdf

 しかし指導者は給水や休憩も指示しないまま、過大な負荷をかけた練習を強制し、
考太さんには意識障害による異常行動がみられていました。
 緊急搬送された病院で測定したところ体温は41.9℃、脈拍・血圧・動脈血酸素
飽和度は測定できない状態で、まもなく死亡が確認されました。

 これについて永島計・早稲田大学教授は、
「WBGTは水中の環境は考慮していないので、プールからあがって休憩したと
しても、望ましい環境ではなかったと考えられる」
と指摘しています。

 竹田高剣道部顧問だった坂本忠文氏は、剣道場内の温度計が36℃を示していた
という猛暑のなか、剣太さんには特に過重な負荷をかけた練習を強要し、
そればかりか暴力を繰り返しました。
 永島氏は、竹田高剣道部で剣太さんが異変を示す前に嘔吐した部員がいた
事実に着目し、
「坂本氏は剣太さんの疲弊ぶりを『演技』と決めつけたが、人が嘔吐したら普通の
状態ではないと気付くのが当たり前だ。他の部員も寒気や足のけいれんを訴えて
いたというが、当時の室内の温度や、練習の時間・強度を考えると、これらの症状は
熱中症によるものと容易に判断できる。
 剣太さんの死因は熱中症による多臓器不全かもしれないが、そういう問題ではない」
と、坂本氏の指導メソッドを厳しく批判しました。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201703-1.html

 南部さおり・日体大准教授は、これらの事案を「人災としての熱中症」と呼び、
「勝利至上主義の指導者は、生徒の異変に気付くことができない」
とし、ラグビー部の練習中に事故にあった被害生徒の父親の
「生徒は部活動に青春をかけているのであって、命をかけているのではない」
という警句を伝えました。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック