兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

竹田高剣道部熱中症死亡事件、控訴審日程決まる

[ 2017/03/15 23:38 ]
 2009年8月22日、大分県立竹田高校剣道部の練習中に工藤剣太さん
(当時17歳)が熱射病による多臓器不全で死亡した事件について、
17年5月16日(火)13時30分より福岡高裁502号法廷で、控訴審第1回
口頭弁論が開かれます。

 大分地裁(竹内浩史裁判長)は16年12月22日、剣太さんが死亡するに
至ったのは、同部顧問教諭だった坂本忠文氏に重過失があったと認める
判決を言い渡しましたが、大分県はこれを不服として控訴しています。
 http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201612-2.html
 http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201701-2.html

 「大分県立竹田高等学校剣道部熱中症発症時暴行死亡事故裁判を
見守る全国支援者の会」が17年1月17日、広瀬勝貞・大分県知事と
工藤利明・大分県教育長に公開質問状を提出しました。
 形式的には17年1月30日付で回答はありましたが、知事と教育長は
「県の考えにつきましては、控訴審の中で明らかにさせていただきます」
と記載したにすぎず、したがって
「実質的な回答はない」
と言わざるを得ません。
 http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201702-2.html

 剣太さんの両親である工藤英士さん・奈美さんは、
「教師の暴力的な指導を抑制するための教訓としてほしい」
と願っていますが、
「大分県はこうした切実な声に耳を傾ける気がない」
と判断するよりほかない対応です。
 また控訴審を戦ううえで、大分県は公費を投入しています。
 県民が納めた税金が、県民を苦しめるために費消されているという
現実には疑問を禁じえません。

 この問題については17年3月4日付朝日新聞で、中小路徹・編集委員が
「縦横無尽」というコラムで取りあげています。
 http://digital.asahi.com/articles/DA3S12824706.html
 こちらも、ぜひご参照ください。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック