兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

エンジェルズアーチ、第1回シンポジウムを開催

[ 2017/02/14 15:41 ]
 スポーツ事故の撲滅を目指す「エンジェルズアーチ」(村川弘美代表)が
2017年2月12日、昭和女子大(東京都世田谷区)でシンポジウム
「子どもやアスリートの重篤事故を防止するために!Vol.1」を開催しました。
 当日は全国各地から52名の参加者があり、学校管理下で行われていた
部活動などで発生したスポーツ事故の被害者やその家族のほか、研究者や
現職教員も姿を見せました。
 南部さおり・日本体育大准教授と永島計・早稲田大教授が基調講演を行い、
両氏によるパネルディスカッションに続いて、出席者からの質問に答えるという
かたちで、2時間にわたって活発な議論が展開されました。

 南部氏は部活動について「『自立した健全な人材の育成』という重要な
社会事業を担っている」と定義し、しかし現実には顧問教諭が自らの経験にのみ
依拠する指導メソッドを絶対のものと根拠なく確信していることに加えて、
他部の活動に関心を持たず、指導法に問題があったとしても、これに疑問を
呈する体質が学校にはないとし
「閉鎖的空間で、主観的かつ独善的な指導になりがち」
だと指摘しました。
 これを打開するためには
「部員の健康管理や事務処理などを行うマネジメントと、技術指導は担当者を
分けるべきだ。そうすれば相互牽制できるが、現実には一人の教諭が担っている
ケースが大半のため、不透明なものになってしまっている」
との認識を示しました。

 永島氏は熱中症について、
「血圧や血糖値など、病名を特定する際に指標となる数値が設定されていない
稀有な疾患」
だと位置づけ、
「重症化したら重篤な後遺障害が残るおそれがあり、多臓器不全によって死に至る
こともあるが、現時点では有効な治療法はない。予防・予測のみが有効」
と述べました。
 具体的には生体モニタリングとして深部体温や心拍数を計測し、危険域に達する
前に水分補給や休憩をとらせることが不可欠だとし、
「しかし深部体温や心拍数を継続的に計測できるウエアラブル端末の実用化には、
まだ時間がかかる」
と現状を説明し、指導者の意識改革のため啓発活動を続けることの重要性に言及し
「これは義務化しないと定着しない。スポーツ現場には暑さ指数(WBGT)計測器を
常時設置して環境の変化に注目し、一定の水準を上回ったら即座に練習を中止する
といった配慮が必要だ」
と提言しました。
 WBGTについては環境省の「熱中症予防情報サイト」
http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_lp.php#firstaid
をご参照ください。

 村川代表は
「次回は4-5月に開催すると予定している。スポーツ事故を再発させないため、
私たちのような被害者家族を二度と生まないため、『いますぐやれること』を
勉強する機会を継続して提供していく」
と同会の運営方針について力説しました。
 Vol.2の開催要項については明らかになり次第、当ブログでも発信していきます。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック