兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

スポーツ事故根絶に向けて(その14)

[ 2017/01/08 07:42 ]
 「全国柔道事故被害者の会」(村川弘美代表)がコメントを公表し、
群馬県館林市立中柔道部で繰り返し事故が発生した件について、
同市の「柔道安全指導検討委員会」が発表した報告書の概要に
疑問を呈しています。
http://judojiko.net/news/2416.html

 コメントは2016年12月30日付。
 このなかで、館林市の「柔道安全指導検討委員会」に対し

「頭を打つなどした生徒が頭痛や吐き気を訴え意識障害の兆しが
みられた場合は、指導者はすぐに救急車を呼ぶべきだ」と提言しているが、
「どうして学校は19分間も救急車を呼ばなかったのか」という問題に
ついてなぜ究明しないのか?

と問いかけています。

 すなわち同委員会が発表した報告書の概要は、事故について
表面的な事象をなぞったにすぎず、精緻に分析したうえで原因を究明する
には至っていない、ということです。
 「ファクトとエビデンスを明らかにし、情報を公開し共有するというプロセス」
を経ていないのですから、上記報告書は仏を作ったものの魂は入っていませんし、
画竜点睛を欠くものと言わざるを得ません。
 そして指導体制の不備が、ひとりの男子部員を図らずも2度も「加害者」に
してしまった、という事実があります。
 彼の胸中を思えば、非常に遺憾です。

 「全国柔道事故被害者の会」のコメントは、柔道に限らずすべてのスポーツが
危険と隣り合わせであることをあらためて想起させ、関係者は事故予防に
全力を尽くすべき、との提言です。
 ぜひご一読ください。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック