兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

日本子ども安全学会第3回大会開催のお知らせ(その2)

[ 2016/09/02 22:08 ]


 2016年8月31日付朝日新聞は

 大好きなピアノ教室に向かう車の中。吉川慎之介君(当時5歳)は突然言い出した。
「お母さん、僕が生まれてうれしかった?」
 「もちろん! すごいうれしかったよ」。母の吉川優子さんが答えると、慎之介君は
「ありがとう」と笑った。
 その次の日に事故は起きた。12年7月、愛媛県西条市。私立幼稚園のお泊まり
保育での川遊び中、水かさが増し、慎之介君が流された。150メートル下流で
見つかったが、助からなかった。園側はライフジャケットを着用させていなかった。
今年5月には、元園長に業務上過失致死傷罪で罰金50万円の有罪判決が
言い渡された。
(中略)
 事故を繰り返してほしくないとの思いは、吉川さんも同じだ。昨年、事故予防を
考える「子ども安全管理士講座」を始めた。「子どもの死を防ぐ制度を作らないと
いけない。それは、しんちゃんが生きた証しにもなる」
(後略)

と伝えています。
http://digital.asahi.com/articles/ASJ802JT1J80UBQU00B.html

 吉川優子さんは

 事故から4年が経過しました。
 刑事裁判が終わり、一つの区切りを迎えました。
 しかし、事故と向き合うことは、これからも続きます。
 文部科学省と内閣府から、学校事故および保育事故に関するガイドラインが
出されました。形ばかりのものではなく、現場で活かされていくことを願います。
 そして保護者をはじめ地域でも情報共有し、子どもの安全について考える
機会を積極的に築いていってほしいと思います。

とコメントしています。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック