兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

スポーツ事故根絶に向けて(その12)

[ 2016/06/02 21:42 ]
 朝日新聞の中小路徹・編集委員は、2016年5月28日付同紙スポーツ面の
コラム「縦横無尽」で、スポーツ活動をする子どもを持つ保護者に情報を発信する
スポーツペアレンツジャパン代表の村田一恵さんを取り上げています。

 上記記事によると、

 08年、小学1年だった長男が神奈川県内のサッカー少年団に入った。かつて
米国でトレーナーの勉強をした村田さんは、救急体制の貧弱さに驚いた。
 アイシング用の氷が常備されず、けが直後にはほぼ使われない湿布が
救急箱にあった。夏合宿前には
「毎年、頭痛を訴える子がいます。頭痛薬を持たせて」というメールが流れたが、
大いに疑問だった。「頭痛は熱中症の症状の一つなのに!」

という危機感を背景に、村田さんらスポーツペアレントジャパンは一般の保護者を
対象に安全対策セミナーなどを開催しています。

 こうした活動は、青少年スポーツ安全推進協議会(澤田佳子会長)と軌を一に
するものです。
 中小路氏は15年10月24日付同紙で、澤田さんについて

佳子さんは「重大な後悔」をしている。(長野県松本市の柔道教室で、当時の指導者に
投げられ)けがをした武蔵さんに「放っておけば治る」と指導者が言ったことや、
「水分補給は少なめに」「稽古中はトイレにいくな」という指導に違和感を覚えても、
「スポーツはそんなものか」
とやり過ごしていたことだ。
 「おかしいです」と指摘できる知識と理論が、自らにはなかった。それがあれば
事故が防げたかはわからない。でも、知識があれば、安全な環境作りへ指導者と
話を交えられる。(青少年スポーツ安全推進協議会が)情報発信、知識提供に
活動の重きを置くのは、親たちにも学ぶ機会を持ってほしいという願いからだ。

とも書いています。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201510.html

 保護者が指導者に意見を具申すれば、たとえそれが正しく、建設的なもので
あっても「モンスターペアレント」扱いされ、「単なるクレーム」として一蹴される
という、たいへん残念な実態があります。
 しかし事故を起こして、いったいだれの得になるというのでしょう?
 松本市の柔道教室の元指導者は、澤田さんが提訴した損害賠償請求訴訟で
賠償責任を認められ、刑事裁判でも業務上過失傷害罪で有罪が確定しています。

 この元指導者に投げられて急性硬膜下血腫を発症した澤田武蔵さんは未来を
奪われ、現代の医学では「障がい者」という範疇を脱することはできません。

 こうした極めて重い現実に鑑みれば、「事故を起こさないこと」の重要性が
よくわかります。
 澤田さんの
「無知はいけないこと。学ぶことが安全につながる」
という言葉を、社会の常識にすることが急務です。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック