兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

長崎新聞の報道に疑問の声(その2)

[ 2016/01/13 11:21 ]
 14年1月24日、道津利明・長崎県新上五島町教育長は両親に対し、
「事故に直接結びつく言動は見られなかった」
「自身の資料、交友関係、学校生活から、いじめがあり苦にしていたとは
とらえにくい」
などとする教職員から提供された情報に基づき、
「いじめは見つからなかった」
と結論づける内容の報告書を読み上げました。

 しかし同年6月13日になって、前記報告書には生徒たちを対象に実施した
聞き取り調査やアンケートで回答があった
「(通信アプリ)ラインのやり取りから自死をほのめかす言動があった」
「下校時のバス内で(松竹君から)友人に『何だか疲れた』『自分は嫌われて
いるんだろう?』という問いかけがあった」
「(松竹君がラインで自殺の)用意ができていると友人に伝え、ビニールひもの
写真を見せている」
など、いじめを示唆する記載があったことが明らかになり、道津教育長は
当該部分を意図的に読み飛ばしていたことを認めました。

 このため両親は町教委に対して不信を募らせており、16年1月6日に長崎市で
第三者委が江上悦生町長に報告書を提出した際も、両親は同席していません。

 西尾さんは
「いじめ自殺事件で遺族が真相究明を求めれば、同級生の保護者たちは責任回避を
至上命題とし、学校と教委も事態の沈静化を図るため、遺族は孤立させられている。
 1月7日付長崎新聞の記事がひとり歩きして地域住民を刺激し、遺族がますます
窮地に追い詰められるおそれもある」
と危惧しています。

 さらに第三者委のメンバーとしての経験を踏まえて、
「関係書類は集約して保管することとなっているのに『学級日誌は事件の2カ月後に
廃棄した』というし、教職員がいじめ問題について話し合う会議の議事録の一部が
第三者委に提出されなかった。あまりにも学校に都合のよい書類の出し方で、これは
意図的としか思えない」
と指摘しています。

 西尾さんら委員の見解は、報告書において

 自殺後に学校が生徒に行ったアンケートや聞き取りも極めてずさんで
「いじめはなかった」という結論に基づいて調査したとしか思えない。
 遺族から故意に虚偽の報告をしたと言われても仕方がない。

と厳しく批判するかたちで反映されています。

 大谷委員長は16年1月6日の記者会見で
「報告書を同級生に読んでもらいたい」
と述べました。

 なお16年1月9日付長崎新聞は

 調査報告書については、関係者のプライバシーに関わる部分などを伏せる
マスキング処理を町、遺族、第三者委の3者間で確認後、町のホームページなどで
公表する方針。

と伝えています。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック