兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

全国学校事故・事件を語る会、文科省に要望書を提出(その3)

[ 2015/09/18 06:48 ]
 「全国学校事故・事件を語る会」は今回、「現場対応」という概念を初めて示し、
有識者会議が検討課題としている「適切な事後対応」には精緻な事実解明と、
これに基づく実効性ある再発防止のための指針とともに、「現場対応」が不可欠
だと提言しています。

 具体的には

・被害者と家族の権利を保障すること
・事故や事件を目撃したり、事故や事件が発生するに至る事情を知っている
児童生徒に対する支援と教育的措置
・関係教職員に対する支援
・社会的信頼の確保等、学校現場で発生する課題への対応

をあげています。

 内海氏らは
「教職員や教育委員会職員の本務は教育活動やそれをサポートすることであり、
『重大な事故・事件が発生した際、いかに対応すべきか』という教育も訓練も
受けていない。できないことをやれと言われているに等しく、混乱し責任回避に
走るのは必然的な結果と言わざるを得ない。こうした現状に鑑みれば、常設機関
としてのコーディネーターが必要」
と提言した理由を示し、
「いかなる事故や事件でも被害者の救済が最優先されるべきことは明らかだ。
コーディネーターが『責任をもって対応する』姿勢を示すことで、被害者や家族との
信頼関係を維持することができる」
との認識を示しました。
 そのうえで
「被害者や家族との信頼関係が崩壊することで、被害者・家族と加害者、
学校関係者らとの関係調整が困難になり、事態を収束させることができなくなる。
 その結果、学校教育に対する社会的な不信感を招いているのは看過できない。
 信頼回復には、保護者や地域住民に対する情報公開と再発防止に関する説明が
不可欠だ」
と強調しています。

 15年8月30日付河北新報は

 三つの注意事項が生徒たちの心を再び波立たせた。
 「臆測で物を言わない」「個人情報は出さない」「個人情報を出すと名誉毀損になる」
 いじめを苦に自殺した仙台市立中1年の男子生徒=当時(12)=が通っていた
中学校。市教委による事実関係の公表から4日後の25日、教諭たちが生徒に示した
のは真実ではなかった。「事実上のかん口令」と生徒、保護者の多くが受け止めた。
 「うちと決まったわけではない」(教頭)。
 「本当の事が知りたい」という生徒や保護者の切実な願いに、学校側はかたくなな
態度を崩さない。
 校長が自校であったいじめ自殺に触れないまま、「命の重み」を説いた24日朝の
臨時全校集会。ある生徒は、いじめに関与したとみられる生徒たちに反省するそぶりが
ないことを知り、「もう駄目」とショックで寝込んでしまったという。保護者は「先生たちは
まるで人ごとのような態度。子どもたちは何を信じていいか分からなくなっている」と嘆く。
 インターネット上では、学校名や所在地など真偽不明のさまざまな情報が飛び交い
始めた。真実を明らかにしない市教委と学校の対応が臆測に次ぐ臆測を呼び、
ネット空間の過熱に拍車を掛ける。
 自殺した男子生徒と同級の中学2年生たちの間でも、無料通信アプリLINE(ライン)で
いじめに関する詳しい情報が出回り、動揺が広がっている。

と報じています。

 内海氏はこれを、
「生徒や保護者、地域住民から不信を招く典型的な対応」
と批判しています。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック