兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

新刊書のお知らせ(その2)

[ 2015/07/24 08:00 ]
 2015年7月22日付産経新聞大阪本社版夕刊は

 全国各地の学校でいじめや事件などの被害にあった子供の遺族ら21人が、
わが子への深い思いや不誠実な学校への怒りなどをつづった文集
「問わずにはいられない 学校事故・事件の現場より」を9月に自費出版する。
 岩手県矢巾町の中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとみられるなど、
いじめ問題がクローズアップされる中での出版に、手記を寄せた一人は
「同じ悩みを抱えている親への助言、不幸な出来事を繰り返す教育現場への
提言になれば」と話している。

 《1年近くいじめを見て見ぬ振りをしてきた担任の熱演に、実情を知る当人は
深く傷ついたに違いない。親も長い間、おかしいとは思いながら気づいてやれ
なかった。》
 文集の出版を呼びかけた神戸市の男性は、平成17~18年に小学5年生
だった長男が同級生から現金を脅し取られたり、殴られたりするいじめを受けて
いた当時のことを、生々しくこうつづった。担任の教師は一度はいじめの存在を
認めながら、しばらくして校長の前で「私がいじめを見過ごすはずありません」
と開き直ったという。
 親子で何とか乗り越えたが、男性はいじめなどでわが子を失った遺族らの
集会に出席し参加者と話すうちに、「亡くなった子供の思い出や親の経験を
記録として残したい」という声が多いことに気付いた。今年1月から、知り合った
遺族らにメールで文集への参加を呼びかけ、計21人が手記を寄せた。
 《中学に入り、初めて死にたいと思った時、あることを決意した。この中学校
生活3年間で、『7回』死にたいと思ったら迷わず死のうと。》
 東京都足立区の中学校で22年10月、同級生から屈辱的な呼び方を繰り返さ
れたことを苦に自殺した3年の男子生徒=当時(14)=の母親は、息子の遺書
に記されていた死への決意を包み隠さずつづった。男子生徒は亡くなる少し前の
運動会で元気な姿を見せ、母親は深刻な悩みを抱えていることに気づかなかった
という。
 文集にはいじめだけではなく、教師から厳しい指導を受けたことをきっかけに
自ら命を絶った子供の親も苦しい胸の内を明かしている。
 《どうして生きていてくれなかったのか…どうして気づくことが出来なかったのか。
後悔はずっと一生するやろうけど、健司なりに考えた『健司の命の使い方』だった
と理解し、納得しようと努めています。》
 14年3月、兵庫県内の公立高校1年の西尾健司さん=当時(16)=が、教師
から生活指導を受けた夜に自殺した母の裕美さん=同県伊丹市=は息子の
異変に気づけなかった無念さを記した。
 子供を守れなかったことで今も自分を責めるという裕美さんだが、「息子が
どんな人間だったかを知ってもらえれば救いになる」と手記を寄せた。「21人の
経験や思い出が1冊の本になることで、いじめや事件がどの学校でも起こる
ことであることを知ってほしい」と訴えている。

と伝えています。

 同書の購入を希望される方は
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f3f29bb7368867
に8月10日までにお申し込みください。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック