兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

新刊書のお知らせ

[ 2015/07/20 11:26 ]
 2015年9月、学校事故・事件の被害者家族21人が執筆する
『問わずにはいられない ~学校事故・事件の現場より~』
が刊行されます。
 購入を希望される方は7月31日までに下記の方法でお申し込みください。


 次の専用申し込みフォームから入力してください。
 振込み先、金額等をメールで返信します。
   URL: https://ssl.form-mailer.jp/fms/f3f29bb7368867
   *アクセスできない場合は、 http://www.lc-lab.com から申し込み
   フォームに入ってください。
   
   書籍代: 1冊 1,296円(税込)+送料
          *送料は1冊の場合300円。30冊以上は送料無料
   体裁:  単行本 約250ページ

   *完成次第送付します。(9月中予定)

   ※インターネットでの申し込みができない方は、下記までメールか
   電話でお申し込みください。

 <問い合わせ・連絡先>
 あうん社(出版)代理店 L.C.研究所  田原 圭子
 メールアドレス toiawase@lc-lab.com  
 TEL 06-6430-9306
 〒660-0083 尼崎市道意町7-1-3 リサーチ・インキュベーションセンター601C
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック