兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

大津検察審査会、元柔道指導者に起訴議決せず

[ 2014/11/24 09:50 ]
 2014年11月15日付京都新聞は

 滋賀県愛荘町の秦荘中で09年、柔道部員の村川康嗣君=当時(12)=が死亡した
部活中の事故で、大津地検が2度不起訴処分とした柔道部の元顧問の男性について、
業務上過失致死罪で再審査していた大津検察審査会は14日までに、「起訴議決に
至らない」と決定した。議決は10月21日付。
 議決によると、村川君は09年7月29日、同中の道場で行われた乱取りの練習中に
頭部に外傷を負い、8月24日に急性硬膜下血腫で死亡した。
 同審査会は議決理由で、元顧問が事故当日に村川君に課した上級生相手の無制限の
乱取りなどの練習について「適正な範囲を超え、十分に非難の対象となる」と指摘し、
頭部の血管を損傷させた可能性があると認めた。
 しかし、複数の医師の意見でも血管損傷の時点などが特定できないとし、「元顧問の
不適切な指示や過酷な練習方法が村川君の死亡に結びついたと言い切れるだけの
証明があるとはいえない」と結論付けた。
 議決について、村川君の母弘美さんは代理人の弁護士を通じて「『信じられない』の
一言」とのコメントを出した。弁護団も「極めて不合理な驚くべき内容だ」と批判した。
 大津地検は13年7月、傷害致死容疑で書類送検された元顧問を不起訴処分としたが、
同審査会は3月に業務上過失致死罪での起訴が相当と議決。再捜査した同地検は
7月に「死亡との因果関係は認められない」として再び不起訴としていた。

と報じました。

 南部さおり・横浜市立大医学部助教は
「『いつ、どのように』傷害が発生するに至ったかを特定するのは、医学的にもきわめて
困難」と指摘しています。
 すなわち「いつ血管が損傷したか特定できない」のは自明の理であり、これにこだわり
神学論争を展開することに意味はありません。

 一方、長野地裁(伊東顕裁判長)は14年4月30日、業務上過失傷害の容疑で
強制起訴された小島武鎮被告に対し、
「柔道指導者には技量・体格に配慮しながら、手加減する注意義務がある」としたうえで、
「未熟な者が強い力で投げられ、畳に打ちつけられれば、身体に何らかの障害が発生
することは十分に予見可能だ」とし、禁錮1年執行猶予3年の有罪判決を言い渡し、
これが確定しました。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201405-5.html
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201405-1.html

 長野地裁判決は「重大事故が発生した」という事実そのものに着目し、
「不適切な指導がなかったら、重大事故は発生しなかった」という原則に立ち返って
判断したもので、スポーツ事故の再発防止につながる意義のあるものです。
 これに対し、大津検察審査会の議決は「木を見て森を見ない」もので、時計の針を
逆回転させるものと言わざるを得ません。

 村川弘美さんは中日新聞の取材に対し、元顧問の不適切な指導と康嗣くんが
亡くなったことの因果関係を解明することは困難とされたことについて、
「分からないならなぜ裁判にかけないのか。公開の場で争ってほしかった」
と訴えています。
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20141115/CK2014111502000012.html
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック