兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

スポーツ事故根絶に向けて(その9)

[ 2014/10/07 08:47 ]
 「全国柔道事故被害者の会」(村川義弘会長)は、2014年10月5日付で声明を
発表しました。
http://judojiko.net/news/1702.html

 いかなる競技であれ、いかなる環境下においても、スポーツ指導の場で事故が
発生し、子どもたちが被害に遭うことは許されません。
 しかし残念なことに、毎年全国各地で多くのスポーツ事故が発生しているという
現実があります。
 これを根絶するには、不幸にして起こしてしまった事故について精緻に調査し、
事故が発生するに至った機序を明らかにして原因を究明したうえで、実効性ある
再発防止策を策定すること。
 さらにこれを公表して社会全体で共有し、その運用の徹底を図るよりほかありません。
 これが内田良・名古屋大大学院准教授のいう「ファクトとエビデンスの集約と分析」です。

 しかし、小佐井良太・愛媛大准教授が指摘しているように
「組織の体面を優先し、事態の沈静化を最優先とする教育組織の閉鎖性が、
子どもの安全に対する誠実さを欠くことにつながっている」
という現実があります。

 これを打破するには「組織の体面を優先し、事態の沈静化を図ってきた」龍野高と
兵庫県の姿勢を看過せず、龍野高と兵庫県に
「原因を究明し、二度と同様の事故が起きないようにしてほしい」
というリサさんの両親の願いを実現すべく、具体的なアクションを起こさせることが
第一歩です。

 控訴審第2回口頭弁論は、14年10月24日15時00分から大阪高裁74号法廷
(森宏司裁判長)で行われます。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック