兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

スポーツ事故根絶に向けて(その8)

[ 2014/02/01 11:48 ]
 南部さおり・横浜市立大医学部助教と、野地雅人・神奈川県立足柄上病院
脳神経外科部長は、
“Case of Fatal Head Trauma Experienced During Japanese Judo.”
(「日本柔道の中での致死的頭部外傷の症例」)と題する論文を共同で
執筆しました。
 これが、米Current Sports Medicine Reports誌 Jan/Feb 2014号に
掲載されています。
http://journals.lww.com/acsm-csmr/pages/default.aspx

 学校関係者、スポーツ指導者にはぜひ目を通していただきたい、と切に望む
ところです。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック