兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

石原元秀氏について(その16-2)

[ 2014/01/21 20:09 ]
 06年10月31日付神戸新聞は

 兵庫県では4年前にも同様の問題が発覚したことから、県教委が教員と生徒の
時間割を照合するなど「3重チェック」をしてきたが、3校とも県教委に実態と
異なる虚偽の時間割を提出していたため、事実を把握できなかった。(中略)
 3校とも過去に同様の未履修が発覚し、龍野、相生高では処分者も出た。
 県教委に提出する教員や生徒の時間割には、学習指導要領に沿った内容で
記述。各校とも、虚偽の時間割を作った理由について「受験科目に対応した
授業をしたかったため」としているという。(中略)
 龍野高は日本史の授業で現代社会を実施し、41人が日本史を未履修。
 30日、全校生徒を集めて事情を説明。石原元秀校長が「受験を考えての
ことだが、迷惑をかけておわびします」と生徒に謝罪した。
 石原校長は「センター入試に向けて日本史の時間に現代社会のプリントを配る
などの授業をしていた。校長として認識していたが、受験のためと判断した」
と説明した。

と伝えています。

 石原氏は06年10月30日、未履修問題について「校長として認識していた」
と明言し、生徒たちに謝罪しました。
 しかし前述のとおり、県教委には未履修について「認識していなかった」と
伝えたというのですから明らかに矛盾しています。

 前述の「策定には携わったが、運用にはかかわっていない」という発言も
意味不明です。
 石原氏が「兵庫県教委高校教育課主幹」という職責を担っていたとき
「3重チェックの策定に携わった」ということは、「未履修問題の再発防止を目的
とする制度の趣旨について、だれよりもよく理解している」はずです。
 にもかかわらず、県教委に「実態と異なる虚偽の時間割」を提出したのは
石原校長にほかなりません。
 すなわち「運用にかかわっていない」わけがないのですが、石原氏は社会科
教諭に責任を転嫁したのです。社会科教諭が憤慨するのは当然です。

 社会科教諭は、
「石原校長は当初、『社会科教諭が勝手にやったこと』と釈明していたが、
ある記者から『あなたは4年前に県教委で再発防止策を作成したのではないか』
と指摘され、それ以降『知らない』とは言えなくなった。このためやむなく全校集会
で事実を認め、生徒たちに謝罪した」と話していたといいます。


(この項、続く)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック