兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

不適切な生徒「指導」について(その2)

[ 2013/12/16 19:49 ]
 2013年12月5日付毎日新聞は、友田明美・福井大教授のインタビュー
記事を掲載しています。
 このなかで友田氏は、暴言虐待を受けた人の脳は会話や言語をつかさどる
聴覚野の一部が14%拡大し、体罰を長期にわたり経験した人の脳は感情や
理性をつかさどる前頭前野が19%萎縮していた、との研究結果を明らかにし、
「脳は成長すると、神経細胞を結合するシナプスが減少します。萎縮も拡大も
脳に良くありません」と述べたうえで、
「大きなストレスを受けると副腎皮質からコルチゾルというストレスホルモンが
多量に分泌され、脳にダメージを与える」ことを明らかにしています。

 友田氏の研究結果を踏まえれば、当ブログ13年6月6日付記事でご紹介した
今野彩花さんのように、長期間にわたって教師から不適切な指導を受けた場合。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201306-14.html

 あるいは、複数の教師に取り囲まれ長時間にわたって叱責を受けたり、
必要以上に厳しい懲戒処分を言い渡されたりした場合、心理的視野狭窄状態に
陥って正常な判断力を失い、突発的な自傷行為におよぶことも十分にありうる、
ということです。
 その実例は『指導死』(大貫隆志編著、高文研)をご参照ください。

 内田良・名古屋大大学院准教授はスポーツ事故について、
「医学など科学的な知識はアップデートされ、最新の知見を身につけることが
可能だ。しかし指導者の経験知は十年一日で更新されることはない。科学的な
指導メソッドを確立すべきだ」と強調したうえで、
「当事者の訴えに耳を傾けず、社会的な問題として事故情報を共有することなく
放置してきたことが事故の再発を招いている。だからこそデータを開示して
可視化する必要がある」と提言しています。

 これはスポーツに限定した話ではありません。
 いじめにも、指導死にも、通じることです。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック