兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

隠蔽と捏造(その17)

[ 2013/12/05 08:57 ]
 サンデー毎日2013年12月8日号は、
「“教師のいじめ”指導死で弁護士が全国組織を結成」という記事を掲載しています。
 筆者の奈良林和子さんは、「指導死というのは先生のいじめと言えます」という
文部科学省関係者の発言を紹介したうえで、
「指導死は子ども同士のいじめ以上に教師の責任が問われるため、隠蔽される
ことが多く、遺族は自殺した我が子に何があったのかを知ることが非常に難しい」
と述べています。
 「指導死」親の会の代表世話人、大貫隆志氏は
「いじめ防止対策推進法の自民党案には当初、『教師によるいじめを含む』との
条文が入っていたが、あっという間に消えてしまった」と指摘しています。

 そして隠蔽工作の一環として行われるのが人事異動です。
 12年10月、広島県東広島市立中2年(当時)の男子生徒が、複数の教師から
不適切な指導を受けた直後に自殺するという事件が発生しました。
 同校では12年度末、指導にかかわった担任や男子生徒に陰湿ないやがらせを
行っていた数学の女性教師らが一斉に異動になり、野球部コーチだった非常勤講師は
任期満了で退任しました。
 特に数学教師は12年度に同校に着任したばかりだったにもかかわらず、
わずか1年で再び異動となったのです。
http://shidoushi.com/

 1994年9月、兵庫県龍野市(同、現・たつの市)立小6年男子(同)が
担任の男性教師から複数回にわたって暴行を受けた直後に自殺した事件も同様です。
 校長(同)は、事件当日には辞職する意向を表明していましたが結局は撤回し、
翌春、担任とともに人事異動で転出しています。
 その後の事態の推移を俯瞰すれば、西田正則・教育長(同、前たつの市長)ら
関係者は事件発生直後から事実を隠蔽し、事実ではない風評を流布して家庭に
責任を転嫁し、事態の沈静化を図ろうと画策していました。
 その矢先に、肝心の校長に辞職されれば、学校に責任があると認めたことになる
わけですから、なんとしても辞職を許すわけにはいかなかった、と推定できます。
 校長には事情を聴きたいと取材を申し入れる文書を複数回にわたって送りましたが
応答は一切なく、黙殺されたままです。
 当時の関係者で、「そうした推定は邪推にすぎない」とおっしゃる方は、
ぜひ取材に応じていただけますようお願いいたします。

 なお保護者が龍野市を相手取って提訴した損害賠償請求訴訟で、神戸地裁姫路支部は
00年1月、担任の行為を「体罰とさえ言えない、単なる暴行」と断じる原告勝訴判決
を言い渡し、これが確定しました。
 龍野市はその後、日本体育・学校健康センター(同、現・日本スポーツ振興センター)
とのあいだで死亡見舞金をめぐる不透明な工作を行っています。
 くわしくは拙著『ファウストの系譜』(文芸社)をご参照ください。

 「全国学校事故・事件を語る会」の代表世話人、宮脇勝哉氏は
「いじめ防止対策推進法の趣旨は、すべての子どもの『心身ともに健康に成長する権利』
が守られることにある」とし、仮に指導死やスポーツ事故について「いじめではないから
調査は不要」と、立法趣旨を矮小化するような動きがあったとすれば、
「断じてこれを容認することはできない」と述べています。
 住友剛・京都精華大准教授は、
「発生した事案に対する徹底した事実解明なしに、再発防止策を打ち出すことなど
ありえない」と指摘しています。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック