兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

スポーツ事故根絶に向けて(その2)

[ 2013/11/24 19:48 ]
 2013年11月21日付毎日新聞「発信箱」で、落合博論説委員が

 学校の運動部活動における指導者から生徒への「体罰(暴力)」が絶えない。
 先日は大阪府立高校の男子バスケットボール部の男性顧問が2人の部員を
蹴ったり、たたいたりして減給処分になった。この顧問は、「体罰撲滅」を
訴え続けている元プロ野球選手、桑田真澄さんの講演を聴く研修会に出席した
後に問題の行為を繰り返していた。
 被害者であるはずの生徒の意識にも揺らぎはないようだ。
 ある高校の先生は悩んでいる。最近、クラスで「体罰」に関するアンケートを
実施したところ3分の2の生徒が「必要」と回答したことに驚いた。
 この先生から「どう評価したらいいのか」と打ち明けられ、答えに窮した。
 指導者から暴力を受けていた17歳の男子バスケット部員が昨年末、
自ら命を絶った。それでも学校のスポーツ現場から暴力はなくならない。
 これはもう部活の「裏文化」と言うしかない。(後略)

と書いています。

 11年6月、当時高2の次男が野球部監督の日常的な暴力に嫌気がさし、
退部を申し出たものの認められず、監督からの呼び出しを受けた2日後に
自殺した山田優美子さんは、部員の保護者から
「子どもは殴られて強くなるもの、と言われた」と証言しています。
 そのうえで
「こうした意識が『暴行ではなく指導の一環』とする学校側の主張に
お墨付きを与えるものになっている。『殴る指導は指導ではない』との
見方に賛同する声は非常に少ない。保護者にも体罰を容認する意識が
蔓延している。なんとしても方向転換を図りたい」
と述べています。

 「全国柔道事故被害者の会」の村川義弘会長は
「なぜスポーツ指導の現場から暴力が根絶できないかといえば、わたしたちが
『スポーツ指導とはそういうもの』と受けとめてきたからで、わたしたちにも
責任がある。指導者はもとより、社会全体の意識改革が必要だ」
と訴えています。

 そして内田宏明・日本社会事業大専任講師は、『教育と医学』
(慶應義塾大学出版会)13年8月号で
「部活動の顧問は、どの生徒をレギュラーにするか決定的な力を有している。
 あるいはスポーツ推薦による進学にも大きな影響力を持っているであろう。
 わが子にとって不利にならないよう体罰を容認し、体罰を隠ぺいすることは
結局は暴力を肯定する誤った人格形成をわが子に強いることだということを
保護者も深く認識しなければならない」
と指摘しています。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック