兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

各地で子どもの人権を守る動き

[ 2013/01/26 08:47 ]
 2013年1月11日付毎日新聞福岡都市圏版は、

 山口県下関市立川中中学校で05年、3年生だった安部直美さん
(当時15歳)がいじめを苦に自殺した問題を受け、同市は命日の
4月13日を「下関市いのちの日」と制定した。
 いじめ防止に向け、市を挙げた取り組みを進めている。

 「長い間ご心痛をおかけしました」。
 昨年5月、中尾友昭市長は直美さんの両親宅を訪れ、頭を下げた。
市長の訪問は初めてで、制服姿の直美さんの遺影を前に「二度と
このようなことが起きないようにしたい」と再発防止を誓った。(中略)

 直美さんの自殺を巡っては、市教委は当初「いじめがあったとの
認識はない」と否定。その後一転、いじめの事実を認めた。
山口地方法務局は06年、「教諭らがいじめを知りながら放置して
いたのは人権侵害」と指弾。校長や市教委に再発防止を図るよう
要請した。
 一方、直美さんの両親は、当時の市教委の対応や、第三者機関
(市教委が05年に設置)が聞き取りをしないなど行政側の対応に
不信感を募らせていた。
 市長の訪問に、父慶光さんは「ようやく一つの区切りがついた」
と理解を示し「今後の取り組みに期待している」と話した。(後略)


と報じました。

 また13年1月24日付神奈川新聞は、

 2010年6月、「友人をいじめから救えなかった」と遺書を残し、
川崎市内の自宅で自ら命を絶った篠原真矢さん=当時(14)=の
父宏明さんと母真紀さんが29日、市教育委員会主催の校長研修で
講演する。
 市教委が遺族に講師を依頼するという「画期的なケース」と評価する
宏明さん。こうした行政の取り組みが他都市へ広がることに期待し、
「遺族として今伝えるべきこと」を語る。(中略)

 子の苦しみをどこまで想像できたか。子どもたちを生きづらい
世の中にしているのは誰か。宏明さんは、自分たちや教員ら大人の
いじめへの感度の低さが、悲劇を生んだと断言する。
 「いじめは人ごとではない。大人の責任だということを自覚しないと、
同じ悲劇が繰り返される。それを教えてくれたのは真矢であり、
自殺していった子どもたちです」。
 市立学校の校長172人を前に、そう伝えようと思っている。

 市教委指導課の安部賢一担当課長は「篠原さんの経験をわが身に
置き換え、子どもたちとの向き合い方をじっくり考える時間にしたい」
と話す。(後略)


と伝えています。

 また当ブログ12年8月31日付記事でもご紹介しましたが、
藤原崇能・大分県立竹田高校長は、工藤剣太くん(当時2年)が
剣道部の練習中に熱中症で倒れたにもかかわらず、顧問教諭(当時)
から暴行を受け死亡した8月22日を、竹田高「健康・安全の日」
とすると宣言しました。

 このように、事実を隠蔽せず風化させず、むしろ語り継ぐことによって
「子どものいのち」について考えようという動きも出てきています。
 こうした先進的な事例については、素直に評価したいと思います。
 そして多くの自治体や教育関係者のあいだに、「先進事例に学ぼう!」
という機運が高まることを願ってやみません。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック