兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

筋金入りの隠蔽体質@茨城県

[ 2012/05/15 22:16 ]
 1999年7月9日付朝日新聞茨城版に

 茨城県の県北地区高校長会(会長・中村克也日立商高校長)が、
校内でいじめや自殺などが起きた場合、「隠せることは隠す」など
とするマスコミ対応の文書を作成。会合の席で各校長に配布して
いたことが8日、わかった。一部の高校では教職員全員に配った
ところもあった。同校長会は「内容的に問題があった」として、近く
回収を指示することにしている。

 問題の文書は「生徒事故とマスコミ対策」の題でB4用紙一枚に
まとめられた資料。日立、常陸太田、北茨城、高萩などの県、私立
高校、養護学校計18校の校長が参加して、先月21日に常陸太田
市内で開かれた定例会で配られた。
 文書では
「マスコミに察知されるというスタンスで準備すること」
「記者会見は1回で。30分以内に終わらせる」
などと具体的にマスコミ対策を説明。
「被害者=善、学校=悪という判定で取材してくる。学校が善という
方向に持っていく」
「隠せるものは隠す=ばれた時、隠した理由を説明できるようにしておく」
と、情報操作や隠ぺいを勧めるくだりもあった。
 この文書は各校長が持ち帰り、18校中数校では教職員にも配布。
一部教員から「何でも隠そうという対応に読み取れ、もみ消しにつながる
恐れがある」「いじめや暴力問題の真の解決にならない」などと批判が
出ていた。

という記事がありました。

 まさにとんでもないことで、開いた口がふさがりません。

 これはたまたま表沙汰になりましたが、茨城県は文書管理が杜撰で
やり方がまずかった、にすぎません。
 もっと巧妙に情報を隠蔽し、捏造している例は枚挙に暇がない、
というのが実態です。

 「学校にとって大事なのは学校で、生徒ではない」
という意識が教育現場に蔓延していることを示すものです。
 保護者の皆さんは、これを「当然のこと」と容認されますか?
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック