兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

石原元秀氏について(その3)

[ 2012/04/19 06:29 ]
 三木学園岡山白陵中学・高等学校は同校ホームページで、
石原元秀校長(元・兵庫県立龍野高校長)が2012年4月9日、
同校入学式において述べた式辞を公開しています。
http://www.okahaku.ed.jp/1gyouji/h2401/h240409.pdf

 このなかに、石原氏がかつて龍野高校入学式で胸を張って述べた
「保護者の皆さん!きょうからは、お子さんたちを責任を持って
お預かりします!」
という一節はありません。

 これはいったい、どうしたことでしょうか?

 石原元秀氏は12年8月24日13時30分。
 神戸地裁101号法廷で、証人尋問に臨みます。
スポンサーサイト
教員いじめ
話題のl校長先生。教員を首にするみたいです。その先生は世界史で雇われたのに去年から世界史の授業はゼロ。一部の生徒からはその先生に高一の時に教わったから世界史選択したのに… といわれており、けして無能ではなく、ある意味では可能性ある若手だったそうです。実際、その先生が担当している中2の3クラスは、他の先生が担当している中2のクラスより平均がみな5から6点高いのです。そのような教員が飼い殺しといういじめをうけていたのに救うのではなく首を切るなんて。私の恩師であるその先生は自殺願望に耐えながら残された日々、生徒に無邪気に笑顔を振りまいています。とあるすじから聞けば、4月に首の宣告をされたとのこと。仕事を割り振って逃げられないようにして首を通告するのはフェアなのかどうか、学生の私にはわかりません。ただ、その先生が自殺せずに次の未来を切り開いてくれるのを祈るばかりです。
本人に聞いてもそれとなく言葉を濁すばかり、きっと忠誠心なのでしょう。
しかし、あるすじからこの話を聞いた私は告発せざるをえません。
[ 2012/06/18 21:36 ] [ 編集 ]
今日終業式でした
噂の校長、今日終業式でいじめについて熱く語ってました。でもはっきり言って冷笑です。教員のいじめをとめられない。救えない校長に生徒の僕らにいじめについて語る資格など…。だいたい僕が校長なら、絶対教員いじめをなくすっての。はっきり言って我が校の恥です。
[ 2012/07/20 22:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック