fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。
月別アーカイブ  [ 2024年03月 ] 

大分地裁、支援学校死亡事故で県に賠償命じる

[ 2024/03/03 23:59 ]
 2016年9月、大分県立南石垣支援学校高等部3年だった
林郁香(ふみか)さん=当時17歳=が、給食をのどに詰まらせ、
翌月死亡した事故に関する裁判で、大分地裁(石村智裁判長)は
24年3月1日、大分県に660万円の賠償を命じる判決を
言い渡しました。 
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1030047?display=1
https://digital.asahi.com/articles/ASS314PY1S2YTPJB008.html?iref=pc_preftop_oita

 判決言い渡し期日には、裁判長が判決の主文を読み上げ、
それだけでただちに閉廷するのが通常です。
 しかしこの日、石村裁判長は
「なぜこのような判決を言い渡したのか」
という理由について、その要旨を説明し、
「担任には(重度の障害がある)郁香さんの食事中の動静を
見守り、窒息を防止する安全配慮義務があったが、これを怠った。
 このことと死亡とのあいだに因果関係が認められる」
と事実認定し、被告・大分県が賠償責任を負うと判断するに
至った経緯を述べました。
 裁判官は郁香さんと遺族に対して、相当に丁寧な対応をした、
との印象を受けました。 

 傍聴していた林さんの支援者からは
「障害のある子は、親やきょうだいから健常児以上に愛されている
ケースが多いし、そもそもひとは、その存在自体が尊い。
 経済力すなわちひとの価値、というような風潮は受け入れがたい」
という声が聞かれました。

 そして、被告・大分県は代理人も含め、だれひとり法廷に
姿を現さなかった、という事実を記しておかなければなりません。
 この点について、郁香さんの母親・香織さんは記者会見で
「驚いた。裁判長のことばを聞いてほしかった」
と無念の思いを口にしました。

 さらに事故を振り返って、
「結果として助けられたかどうかはわからないが、すくなくとも
先生たちには助けようとしてほしかった」
としたうえで、
「先生たちの認識は低かった、救命措置もできなかったという
点において、勉強して対策を講じてほしい。
 (将来において、郁香さんの事故後の)『大分県の取り組みは
すばらしい』といわれるような、対応をしてほしい」
と涙をこらえながら語りました。

 梨沙さんの父親は、林さんの代理人である徳田靖之弁護士が
「基本的に原告の主張を認めた高く評価できる判決ではあるが、
逸失利益についての主張を退けたのは、障害のある子どもの
未来を見ていないといわざるを得ず、障害者差別だ。
 この点、日本の社会も裁判所も大きく遅れている」
と批判したことについて
「本当に心ある弁護士だと思った。大分県が控訴しないことを
願っている」
とコメントしています。
スポンサーサイト



プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ