fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

全国学校事故・事件を語る会、シンポジウムを開催

[ 2023/09/19 12:17 ]
 2023年9月17日、「全国学校事故・事件を語る会」は
神戸市内でシンポジウムを開催しました。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20230918/2000077983.html

 同会の代表世話人・内海千春氏は、近年全国各地で
設置されている第三者調査委員会について、
「その目的はなんなのか?再発防止が目的であれば、
被害者と学校が対立することはないはずだ。
 しかし責任論を持ち出すことで、両者の対立が先鋭化している」
という問題意識を明らかにしました。

 そのうえで、兵庫県立川西明峰高校で発生したいじめ自死事件
に言及し、
「両親が求めていたのは子どもが亡くなった原因を明らかにすることだ。
だから神戸地裁判決が、被告・兵庫県に対する損害賠償請求に
ついては棄却したものの、いじめと自死の事実的因果関係を認めた
ことに満足し、控訴はしなかった」
「両親は、この判決をもとに、学校が作成した事故報告書の記載内容に
不備があるとして、これを訂正させた」
と述べ、提訴の目的は賠償金を受け取ることにあるのではなく、
子どもと家族の名誉回復にあることを指摘しました。

 さらに内海氏は、調査委が報告書をまとめる際の姿勢について、
「亡くなったり、重篤な後遺障害に苦しんでいる子どもについて、
委員には『絶対に間違いがあってはいけない、というおそれ』が
感じられない」
「委員は『公正中立』というが、それはなんなのか?子どもを
大切に思い、子どもに寄り添う姿勢を示すことが『公正中立』だ」
と強調しました。

 一般社団法人「ここから未来」の代表理事・大貫隆志氏も、
自らが調査委員を務めた経験に基づき、
「『公正中立』というのはトリックワード」
とし、その理由として
「まず被害者は被害に遭っている、ということを忘れてはいけない」
「学校側は圧倒的に多くの情報を持っていて、しかもそれを
被害者側には開示しない」
「委員に選任されるのは医師や弁護士、学識経験者が多いが、
彼らは必ずしも学校事故・事件の専門家ではない」
ことをあげたうえで、
「委員が被害者側に相当に加担しないと、両者はイーブンな関係
にはならない。こうした状況を放置したままでは、まっとうな調査は
スタートできない、と断言できる」
と述べました。
スポンサーサイト



プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ